2015年度税制改正関連法が3月31日、参議院本会議で可決、成立しました。これにより、消費税率10%への引き上げ時期を、当初の予定から1年半先送りし、17年4月とすることが決定しています。また景気が悪化した時に増税を停止できる「景気条項」は削除されたようです。

14年4月に消費税率が8%に引き上げられた後、個人消費の停滞低迷が続いています。15年度税制改正では、景気の底上げを図るために、親や祖父母から受け取った結婚や子育ての資金について、1000万円まで贈与税を非課税とする措置や、企業のもうけにかかる実質的な税負担割合である法人実効税率(標準で34・62%)を2・51%引き下げるなどが盛り込まれています。

8%に引き上げられた時にも駆け込み需要の住宅市場も活性しましたが、その後の反動による貸し出しの苦戦が続いており、重ねて長期金利の歴史的低水準も続き、住宅ローンでは銀行は儲けることが出来ない状態と言われています。

17年4月の増税に向けた住宅市場の活性が再び起こるのか、そのとき各銀行の住宅ローンがどう展開されるのか、はたまた増税による景気冷え込みを懸念した税制優遇などの追加的政策が打ち出されるのか、非常に興味深いところです。

<当サイトおすすめの住宅ローン公式サイト>

ソニー銀行公式サイト ・・・業界最低水準の変動金利、固定金利。オリコン顧客満足度No1

イオン銀行公式サイト ・・・ 超低金利を実現した変動金利に加え、イオンでのお買物が毎日5%割引となる特典も!

住信SBIネット銀行公式サイト・・・八疾病保障も付帯する超低金利住宅ローン

楽天銀行公式サイト・・・フラット35を考えるならここ。最低水準の金利&手数料。楽天ポイントも!

新生銀行公式サイト・・・家事代行・病児保育が付帯する住宅ローンも。

りそな銀行公式サイト・・・大手銀行らしからぬ超強気の住宅ローン金利設定。安心とおトクを両立