ろうきん/中央労働金庫

銀行詳細
口コミ・レビュー

注目ポイント

勤労者による勤労者のための金融機関「中央ろうきん」
  • 事務手数料が格安!10,800円~
  • 年収150万円から申し込みOK!
  • 繰上返済が1円から手数料無料で可能
  • 親子リレー、ペアローンも取扱
  • 関東1都7県のネットワーク

ろうきん/中央労働金庫 住宅ローンの概要

ろうきん(中央労働金庫)は労働組合や生協などの労働者が助け合うために資金を出し合ってつくった、非営利の金融機関であり、茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨の関東1都7県を営業エリアにしています。

労働者を意識した金融機関とあって、疾病保障付き住宅ローンはもちろん、親子リレー、ペアローンなども扱っています。

手数料がおトクな住宅ローン

勤労者のための住宅ローンであるため、事務手数料は10,800円~、一部繰上返済手数料も無料など嬉しいサービス内容になっています。また、審査申し込み可能な年収が150万円以上、勤続年数が1年以上と一般的な金融機関の基準と比較すると緩和されている点も好印象ですね。


ろうきん/中央労働金庫の利用者評価・口コミ・レビュー

  • 30代 主婦 女性
    2009年4月より、マンション購入の為、住宅ローンを組みました。
    マンションの所在地は東京都府中市、新築の3LDKで、購入価格は3700万円です。
    300万を頭金とし、3400万の借り入れでローンを申し込みました。マンション販売会社の営業の方にお任せし、三井住友銀行と中央ろうきんの2ヶ所に申し込みましたが、三井住友銀行の審査は、残念ながら通りませんでした。三井住友銀行の審査に通らなかった理由としては、借入金額に対して頭金が少なかった事に加え、ローン申請時の年齢が38歳と若干高かった事が考えられます。(年収は600万)対して中央ろうきんは、簡単な繰上返済計画書を提出し、定年(65歳)迄に出来るだけ完済できるよう努力をする旨を伝え、無事審査に通過しました。
    中央ろうきんでは、変動金利、元利均等返済で35年の借り入れとしました。通常金利は年利2.775%ですが、条件付き優遇金利が適用になり、現在の金利は、年利1.075%となっています。(借入れ開始から現在まで、金利の変動はありません)
     優遇金利を受ける条件は、生協の会員になる事・水高熱費の引き落とし口座を中央ろうきんのものにする事・エース預金という毎月引き落とし型(毎月最低1000円~)の定期預金への加入、この3点すべてを満たすことです。
     中央ろうきんで借り入れをして不便に感じる点は、ATMの数が大手銀行に比べると非常に少なく、振込や入金が気軽に出来ない点です。しかし、1年程前からセブン銀行ATMからの入金が手数料無料になった為、不便さはかなり解消されました。
    また、中央ろうきんの借り入れで魅力的な点を述べますと、繰上返済はインターネットバンキングからであれば、1万円から行うことができ、手数料は何回でも無料です。インターネットバンキングを利用し、これまで100万円程を繰上返済しましたが、手続きも簡単でした。さらに、窓口で返済計画に関して相談した際には、とても親切に分かりやすく説明して下さり、ローン申し込みの時から職員の方の対応はとても素晴らしいものでした。