住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2020年2月金利更新

2019年10月の消費税増税で各社の住宅ローンの手数料などが変更されています。詳細は各社の公式サイトで必ずご確認ください。

ジャパンネット銀行 住宅ローン金利・詳細情報

ジャパンネット銀行

銀行詳細
口コミ・レビュー

注目ポイント

  • 三井住友銀行とZホールディングス(旧;ヤフー)が出資するJNBが業界最低水準の金利で住宅ローンを提供
    • 変動金利が国内最低水準!!!
    • ネット完結型住宅ローンで申し込みから来店不要
    • 繰り上げ返済手数料、団信、保証料が無料、契約書の収入印紙も不要!
    • がん50%保障、がん100%保障、ワイド団信などの豊富な疾病保障を取り扱い
    詳細情報はこちら

    ジャパンネット銀行 住宅ローンの概要

    メガバンク大手の三井住友銀行とインターネットポータルサイト「Yahoo!」を擁するZホールディングスが出資して日本で最初に設立されたネット専業銀行のジャパンネット銀行が提供する住宅ローンは変動金利を筆頭に全ての金利タイプで業界最低水準の低金利を実現しています。

    ジャパンネット銀行の住宅ローンではネット銀行で主流になっている、疾病保障を無料で付帯することはせず、必要に応じて有料で付帯させる体系をとっています。その代わり実現しているのが、金利の低さです。2020年1月現在、変動金利は年0.399%(全期間引下型)と0.4%を下回る水準を実現しています。

    ジャパンネット銀行の住宅ローン

     

    ネット完結型で契約書も電子化!

    ジャパンネット銀行の住宅ローンは来店不要、ネット完結型の住宅ローンとなっています。必要書類は郵送もしくは住宅ローン申込ナビよりアップロードで提出が可能です。

    契約書も電子化されており、捺印、署名、郵送などの手間が省けます。また、契約書を電子化していることから収入印紙を貼ることも不要となっています。

    ジャパンネット銀行の住宅ローンの貸し出し限度額は2億円ですので、収入印紙代が最大で10万円節約できることとなります。

     住宅ローン契約金額  印紙税額
     1万円未満  非課税
     1万円以上10万円以下  200円
     10万円超50万円以下  400円
     50万円超100万円以下  1,000円
     100万円超500万円以下  2,000円
     500万円超1,000万円以下  10,000円
     1,000万円超5,000万円以下  20,000円
     5,000万円超1億円以下  60,000円
     1億円超5億円以下  100,000円

    ジャパンネット銀行の住宅ローン審査の流れ・手順

     

     

    種類豊富な疾病保障付き団信を取り扱い

    ジャパンネット銀行では、一般団信を無料で付帯させ、必要に応じて、がん保障、11疾病保障、ワイド団信などを団信を活用することが可能です。

    ジャパンネット銀行の疾病保障付き団信

    収入合算・ペアローンを取り扱い

    ジャパンネット銀行の住宅ローンではご夫婦で協力して住宅ローンを組む際に活用可能な収入合算やペアローンを取り扱いしています。

    ※連帯債務、夫婦連生団体信用生命保険の取り扱いはありません。

    ジャパンネット銀行の住宅ローンは収入合算やペアローンにも対応

     

     


    詳細情報はこちら
    詳しい内容を見る
    ジャパンネット銀行の利用者評価・口コミ・レビュー
    • 口コミは募集中です
    口コミを投稿する
    住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | auじぶん銀行の住宅ローン
    © 2020 住宅ローン比較. All rights reserved.