住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2020年1月金利更新

2019年10月の消費税増税で各社の住宅ローンの手数料などが変更されています。詳細は各社の公式サイトで必ずご確認ください。

三井住友銀行 住宅ローン金利・詳細情報

三井住友銀行

  • 低金利のWEB申込専用住宅ローンⅠに注目!
  • 例えば変動金利なら0.475%(2019年12月)
  • 親子、夫婦での連帯債務型借入も利用可能!
  • 自営業・家族経営・勤続1年未満は利用できないので注意

三井住友銀行の住宅ローン(WEB申込)

三井住友銀行の住宅ローンは例えば三井のリハウスなど、不動産仲介会社を経由して紹介される事が多く、これから家を買おうと考えている人が目にする機会は非常に多い住宅ローンです。

 

特に注目したいのが最近力を入れている「WEB申込専用」の住宅ローンで、店頭で取り扱っている住宅ローンよりも低い金利で利用できるという大きなメリットがあります。

 

特に、変動金利はネット銀行とそん色ないレベルまで低い金利になっていますので、ネット銀行+店舗が近くにあって何かあったときに相談しやすいということを考えると、申込候補として十分魅力的な住宅ローンと言えます。

 

また、新しい銀行ではあまり提供していない元金均等返済にも対応していますし、三大疾病特約や自然災害特約などの保障の付帯も大変充実しています。

 

なお、このWEB申込専用の住宅ローンは「自営業・個人事業主・家族経営の法人の経営者」などは利用できませんし、正社員でも勤続1年以上という制限がありますので注意しておきましょう。

詳しい内容を見る

※詳細ページへリンクします

三井住友銀行の利用者評価・口コミ・レビュー
  • 20代 会社員 男性
    実家の近くの戸建を購入。不動産仲介会社の紹介で仮申し込みを行い、審査が通った為、そのまま契約を行った。もともとメインバンクとして利用していた事もあり安心して借りれた。
    メガバンクの住宅ローンは損をする、という事を言う人もいるが、ここまで金利が下がればどこで借りても大差ない。今でも三井住友銀行で借りた事は後悔していません。
  • 30代 会社員 男性
    新築購入で不動産仲介会社から紹介された。インターネット銀行やフラット35などと比較したが、結局三井住友銀行にしました。理由はミックスローン。約4000万円の借入れでしたが、1000万円ずつ、変動金利+変動金利(三大疾病特約)+当初10年固定+長期固定という組み合わせで借りられた事です。三大疾病保障をつけると0.3%の金利の上乗せがありますが、1000万円分だけ特約をつけることで、金利負担もおさえられて、安心して借りる事ができています。
  • 40代 主婦 女性
    主人がめんどうくさがりで不動産会社の言うがままにここにしていました。もう10年近くも長期固定金利で借りていてそのまま。他の銀行に借り替えて支払い負担を減らそうと思っています。
    一定期間金利が固定されるタイプにしたいと思いますが、メガバンクは変動金利は低くしても固定金利は高いので、インターネット専業銀行にしようと思っています。
クチコミ投稿フォームへ

※口コミ投稿フォームへリンクします

住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2020 住宅ローン比較. All rights reserved.