住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年11月金利更新

フラット35/楽天銀行 住宅ローン金利・詳細情報

フラット35/楽天銀行

銀行詳細
口コミ・レビュー
 

 

注目ポイント

  • 長期固定金利型、住宅ローンの決定版 フラット35
    • 返済口座に楽天銀行を指定で事務手数料割引
    • 国内提携ATMや他行振込み手数料が優遇
    • 派遣社員、個人事業主、契約社員も申込み可能
    詳細情報はこちら

    楽天銀行 フラット35の特長

    住宅ローンの借り入れにおいて長期固定金利を活用したい場合にフラット35という名前を必ず耳にすることでしょう。住宅金融支援機構という公的な機関と民間金融機関が組んで取り扱っている住宅ローンです。手数料が割高ですが、借り入れ金利を固定したい、安心して借りたいなどの場合には検討するとよいでしょう。フラット35を扱う340の金融機関の中で最低金利を実現しています。

    また、融資申し込み書類が楽天銀行に到着後通常3営業日で融資可能有無の回答を行っており、ネット専業銀行の中ではかなりスピード感があると思われます。


    詳細情報はこちら
    詳しい内容を見る
    フラット35/楽天銀行の利用者評価・口コミ・レビュー
    • 30代 会社員 男性
      借り入れ年月日は2016年6月で今回は借り換えになります。
      対象の物件は戸建てです。物件の場所は宮崎県延岡市です。
      物件価格は現在の住宅ローンの残高の1700万円として、今回の借入額は諸経費を合わせて1730万円にしました。
      仮審査申し込み銀行は楽天銀行で選んだ理由は融資手数料等の諸費用が他行に比べて安かったからです。
      借り入れを行った銀行は楽天銀行で金利タイプはフラット35の支払い期間は31年です。
      楽天銀行に決めた理由はネットでの口コミの評判も良かったのと前にも述べましたが他の銀行に比べて融資手数料等の諸費用が安かったからです。良かった点はあまり住宅ローンに関して説明してくれないので自分で勉強しないといけない為、住宅ローンの勉強ができたというところです。後悔している点は実店舗がないので直接担当者と面と向かって話ができないということです。わからないことが多くて何度も電話して書類の書き方や必要書類の確認をしました。
      この住宅ローンは住宅ローンに関する知識をしっかり持っている方には実店舗へ出向く必要がないのでスムーズに且つ諸費用が抑えられていいかと思います。がしかし、あまり知識がない方にはわからないことが出てくる度にいちいち電話して確認してを繰り返すことになるので多少面倒くさいかもしれません。シミュレーションは個人ですることになるのでこちらから質問しないと借り換え前と借り換え後でどのくらい返済額に差がでるのか正確な数字を教えてもらえません。
      住宅ローンに関する知識を持っている方、自ら住宅ローンについて勉強して根気強く頑張れる方にはおすすめです。ただし、借り換えに場合には現在の金利と融資実行日の金利差がどのくらいあるかが借り換えの鍵になると思いますが。。。
    • 50代 生産技術業務 男性
      勤め先の都合で出身地から離れた山梨県甲府市に住んでいます。
      いろいろと都合があり、安くて狭い土地を探して、小さい家を建てました。
      土地は350万、家は1700万で、1600万を借り入れることにしました。
      昔は住宅金融公庫という国の機関から借り入れるのが一般的でしたが、現在は住宅金融支援機構という名に変わり、窓口は一般的な銀行を選ぶ形になりました。いわゆるフラット35というものですが、銀行独自に扱っている住宅ローンもあるので、お金を借りる方法の選択肢は増えたことになります。
      楽天銀行はネット銀行なので金利や手数料が安い、そんな噂を聞き、建築業者さんからも同じ情報を伺ったので、まずは仮申請を行いました。ただし、契約後の融資の時期とかは建築業者さんの都合もあるので相談して決めた方がトラブルの種は少なそうだと感じました。仮申請でも、どう書いたら良いか解からない項目は建築業者さんに相談しました。まずはフラット35の固定金利で設定しました。
      仮申請をすると、本申請に必要な書類や時期のガイドブックが郵送されてきます。また、ネット上にマイページが設置され担当者との連絡がメール形式で出来るようになります、電話でも問い合わせが可能です。。
      ただし、書類送付は郵送かFAXになります。pdfなどでのメール添付による送付は認められていませんでした。
      従いまして、土日でも問い合わせや連絡がある程度可能なので、勤め人にとっては非常に便利に感じました。逆に書類の行き来は若干の時間がかかりますが、計画的に行えば、特に気になることは無いと思います。
      結局、つなぎローンもお願いすることになり、無事に融資していただけました。勤め人にとってはお勧めではないかと思います。
    • 30代 団体職員 男性
      私は、2013年6月に、楽天銀行のフラット35で住宅ローンを組みました。
      購入したのは、神奈川県川崎市麻生区の築浅中古マンションです。最上階角部屋が運よく売りに出ていて、内見して、購入をほぼ即決しました。物件価格は4800万円と私にとっては少々高額でしたが、節約をがんばればなんとかなりそうでした。融資額は2500万円です。
      楽天銀行以外にも、三井住友信託、三菱UFJ信託、SBIモーゲージに仮審査を申し込み、すべて通過しましたが、店舗窓口に行かなければならないというのがネックで、かなり初期の段階から楽天銀行に一本化していました。また、売り主の都合で払い込みまでの期間が2~3ヶ月しかなかったので、融資を受ける金融機関は融資審査が効率よくスピーディーに行われるところでなければなりませんでした。その意味で、手続きがすべてネットで済ませられる楽天銀行は都合がよかったです。ちなみに、変動金利については、ライフプランを安定させたかった等の理由で、初めから選択肢に入れていませんでした。
      借入期間は20年で、フラットS適用マンションでしたので、金利は当初5年が1.44、その後15年が1.74です。
      融資実行から2年が経ちますが、振り返ってみて、後悔している点は特にありません。融資の後、更に金利が下がり、それが継続しているのは驚きですが、これも数年後はどうなっているかわかりませんので、変動金利にしておけばよかったとは思っていません。よかった点は、融資をきっかけに楽天銀行に口座を持ち、クレジットカードも楽天にし、楽天ポイントのよさに気づけた点です。住宅ローンの引き後しでもポイントがたまります。本当にザクザクたまるんです(笑)
      住宅ローンで固定金利を考えているなら、間違いなく楽天銀行がナンバーワンだと思います。金利の低さもそうですが、手続きが簡単ですし、わからないこともネットですぐに回答してくれますので安心です。諸経費も安いです。司法書士は楽天銀行が推薦してくれるのですが、一応、不動産仲介業者にも司法書士の見積もりを出してもらったのですが、ほぼ倍の料金でした。私は使いませんでしたが、変動金利とのミックス商品も扱っているようなので、選択肢には入れておくべき銀行だと思います。
      ちなみに、私は野球観戦が好きなのですが、好きなチームは西武、嫌いなチームはソフトバンクと楽天です(笑)
    • 30代 会社員 男性
      5年前に東京都墨田区で中古マンションを購入。
      金利は、変動とフラット35の組み合わせで(変動金利1.475%、フラット35、2.475%)
      毎月12万くらいの支払をしていたが、最近の低金利がなんとも魅力的で借換を検討。

      ネットで評判のよい新生銀行に申し込んだが、建物評価額で借り入れ希望額から500万ほど足らず、断念。また主人が勤務先を変更したばかりなこともあり、勤務年数をそこまで問わないネットバンク中心で銀行を検討。

      約3200万の借入を希望しており、今までは主人と私のペアローンだったが、妊娠を期に、保険を見直し、また今後私が働かなくなる可能性も考え、主人のみの年収でローン借入が可能な楽天銀行を選択。
      変動金利で店頭金利から0.35%プラスで1.02%と最近の1%を切る金利ではないが、それでも月々の返済は103000円とかなりの節約に。また、他行が借換手数料や、登記変更手数料で100万近くかかるものが、約40万円ほどと、かなり安く収まるのも魅力のひとつ。

      けれど、若干後悔している点は、金利選択タイプ(フラット35以外)は繰上返済が100万円からだったため、金利の安い時期(変動金利のメリット)を狙っての繰上返済がスムーズに行えない。また他のネットバンクに比べ、金利選択タイプは、変動金利以外の金利は少し割高のように感じる。

      我が家は転職したばかりなことに加え、他にもワケがありフラット35での借換を選択しなかったが、楽天銀行を選ぶのであればフラット35であれば繰上返済は随時可能だし、他ネットバンクと比べても金利の差がないため金利選択型ではなくフラット35使用窓口として使用することをおすすめする。
    • 40代 会社員 男性
      40代の会社員です。楽天銀行の住宅ローンに借換をした体験談になります。
      2001年6月に東京都町田市に新築マンションを購入しました。(当時32歳)
      物件価格3750万円に対して、親の援助も含めた自己資金が650万円あり、住宅金融公庫(東京三菱UFJ銀行)から3100万円を借り入れました。返済期間は35年で、金利は当初10年が2.75%、11年目から3.75%となるプランを選択しました。返済額は、当初10年間で毎月8.5万円、ボーナス時(年2回)が21万円でした。
      2011年9月に11年目となり金利がアップするので2010年頃から借り換えの検討を開始しました。
      借り換えの希望条件としては、月々の返済額は概ね維持しつつ、返済期間を短縮し総支払額を削減することでした。また、当時もいつ金利が高騰するか分からない情勢でしたので固定金利は必須条件としました。一方で、40歳時に糖尿病の診断を受けてしまったため、団信の再加入が極めて困難なことが課題でした。
      この条件をベースにネットで各銀行のローンを調査したところ、団信非加入で契約できることが明示されていたのが楽天銀行でした。また金利が他行と比較して最安クラスであり、借換手数料も最安であったことから楽天銀行を選びました。
      住宅ローンの残高が2490万円、借換手数料と司法書士代の概算見積りが60万円でしたので、合計2550万円の20年返済で借り換えを申し込みました。
      2011年6月中旬に楽天銀行のホームページから申し込んで、10日後には仮承認通知の書面が手元に届きました。
      その後、楽天銀行および司法書士とのやり取りはWebページ&電子メールと書類の郵送のみで進み、2011年8月中旬に東京三菱UFJ銀行から楽天銀行への借り換えが完了しました。金利は20年固定で2.03%となりました。
      結果として、元の住宅ローンから支払期間を5年短縮し、総支払い額で850万円の削減ができて非常に満足しています。また、これに伴いメインバンクを楽天銀行に切り替えましたが、他行振込み手数料、ATM手数料の無料の優遇を受けられるなどネットバンクの利便性を最大限に活用できるようになりました。
      団信非加入になることが唯一の心配点でしたが、私の場合、幸いにも加入済みの生命保険でまかなえることが分かりました。生命保険の必要額などのライフプランをトータルに再確認する機会ができたことも良かった点だと思います。
    • 30代 不動産業 男性
      平成26年3月に埼玉県川口市の2,400万円の中古マンションを購入しました。自己資金250万円を準備し、残りの2,150万円を楽天銀行よりフラット35を利用して借り入れをしました。金融機関勤務でしたので住宅ローン審査に必要な書類を自分で準備できることもあり金利水準が低い新生銀行とフラット35の金利が最も低い楽天銀行へ仮審査の申し込みをしまし、両銀行とも翌日には仮審査が通り本審査の書類が届きました。心療内科に通院していることもあり団信が通りませんでした。それが理由で新生銀行は審査落ちしました。楽天銀行のフラット35では団信加入が必須ではなかったため、団信未加入のリスク等の説明は受けましたが本審査が進んで行きました。前所有者さんが管理費等を滞納していて解消に時間がかかったこともあり、審査におおよそ1ヵ月程度要しました。確かに口コミサイトに追加資料が多い等の記述があるように追加資料の依頼はいくつか受けましたが審査に必要なものばかりでしたので納得いくものでしたし、銀行の担当の方が丁寧にメールしてくださったのであまりストレスに感じませんでした。また、楽天銀行を返済口座にすることにより手数料が引き下げられること、普通預金適用金利優遇や月5回までATM手数料無料となることに魅力を感じて同時に口座開設をしました。申し込みはインターネットであとは電話、FAX及びメールでのやり取りになるので、自分のペースで進められます。あと、フラット35を利用し、返済口座や給与振り込みを行うようなメインの銀行にするのであれば楽天銀行はとてもお勧めです。
    • 20代 専業主婦 女性
      結婚して主人と二人でアパート暮らしをしていましたが、この度子供が産まれてくるため、また私の実家が遠方のため両親や友人が遊びにきた時のためにと戸建てを購入することにしました。結婚式も控えていることから新たに土地から購入するのは金銭的に厳しく、中古の戸建てを探すことに。割と早く気に入った物件を見つけたことから、住宅ローンを組むことにしました。借り入れの期間は最大の35年。場所は青森県青森市。物件価格は当初2500万円であった。もちろん諸経費は別途。しかし相手方も早く売りたいらしく、値段を2200万円で諸経費も込みとして頂きました。別に自家用車のローンも持っていた為、銀行に借りたのは2500万円としました。仮審査は青森銀行、労金と不動産会社進めや友人の進めで申し込みしましたが、主人が転職したばかりだったので、勤続年数で引っかかり通過できませんでした。そこで勤続年数に制約のない、楽天銀行、三井住友銀行に仮審査を申請し、対応も良かったので楽天銀行で本審査申請、通過いたしました。借り入れの金利は変動と固定をその時々で選べる変動と固定。この商品を簡単に言うと固定特約付きの変動金利。借入れ期間中は何度でも固定金利と変動金利を選べます。もちろん手数料は無料。また金利は毎月見直せますので、その時々で金利の安いようにできます。やはり特定として、楽天での買い物結婚して主人と二人でアパート暮らしをしていましたが、この度子供が産まれてくるため、また私の実家が遠方のため両親や友人が遊びにきた時のためにと戸建てを購入することにしました。結婚式も控えていることから新たに土地から購入するのは金銭的に厳しく、中古の戸建てを探すことに。割と早く気に入った物件を見つけたことから、住宅ローンを組むことにしました。借り入れの期間は最大の35年。場所は青森県青森市。物件価格は当初2500万円であった。もちろん諸経費は別途。しかし相手方も早く売りたいらしく、値段を2200万円で諸経費も込みとして頂きました。別に自家用車のローンも持っていた為、銀行に借りたのは2500万円としました。仮審査は青森銀行、労金と不動産会社進めや友人の進めで申し込みしましたが、主人が転職したばかりだったので、勤続年数で引っかかり通過できませんでした。そこで勤続年数に制約のない、楽天銀行、三井住友銀行に仮審査を申請し、対応も良かったので楽天銀行で本審査申請、通過いたしました。借り入れの金利は変動と固定をその時々で選べるようにしました。やはり特定として、楽天での買い物がしやすいこと、ポイント還元率がすごく良いことが一番です。元々特典として買い物に関するもの、例えばポイント還元率が高いや、楽天やイオンのようにカードが発行され、買い物時は常に優遇されるなどを希望していたので、大変満足しています。これからがんばってお得に返していきたいです。がしやすいこと、ポイント還元率がすごく良いことが一番です。元々特典として買い物に関するもの、例えばポイント還元率が高いや、楽天やイオンのようにカードが発行され、買い物時は常に優遇されるなどを希望していたので、大変満足しています。これからがんばってお得に返していきたいです。
    口コミを投稿する
    住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
    © 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.