住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2019年8月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.457%

三菱UFJ銀行 住宅ローン金利・詳細情報

三菱UFJ銀行

  • 日本の民間金融機関最大の住宅ローン残高
  • 世界に誇る日本最大のメガバンク
  • 店舗数・口座数・預金残高も国内No1
  • フィンテックにも積極的に取り組み開始
  • ずーっとうれしい金利コース、ぐんとうれしい金利コースの2タイプの住宅ローンを提供

三菱UFJ銀行は日本人であればだれでも知っている!?と言えるほどの日本を代表する銀行です。住宅ローン業界においてもトップリーダー的存在であり、国内銀行の住宅ローン残高を最も積み上げている銀行です。9年連続で民間金融機関取り扱い残高No1を獲得しているにも関わらず、全体の住宅ローン残高は減少傾向にあります。今だに毎年の住宅ローンの取り扱い金額は日本一にも関わらず、住宅ローン全体残高は減少傾向にあるという事から、三菱UFJ銀行からこれまで圧倒的なシェアを誇っていたのかがわかりますね。

さて、そんな三菱UFJ銀行の住宅ローンですが、実は特徴が少ないというのが一番の特徴と言える住宅ローンです。数十年に渡って日本を契印してきた三菱UFJ銀行の住宅ローンの商品性が、日本の住宅ローンの基準となってしまっていると言っても過言ではありません。他の金融機関が三菱UFJ銀行の住宅ローンとの差別化を図る、三菱UFJ銀行から少しでも多くの住宅ローンシェアを奪う為に新しいサービス価値を付加した住宅ローンを提供してきたとも言えます。そのため、三菱UFJ銀行の住宅ローンは特徴がないことが最大の特徴と言えます。

周りの金融機関が自分たちの収益性を犠牲にたりしながら住宅ローンユーザの獲得を図っている中、三菱UFJ銀行は、圧倒的な顧客基盤と営業網で9年連続の取扱金額1位を確保してきています。

詳しい内容を見る

※詳細ページへリンクします

三菱UFJ銀行の利用者評価・口コミ・レビュー
  • 30代 会社員 男性
    今から13年ほど前の平成13年12月、結婚を機に新居として千葉県市川市に2650万円で新築マンション(3LDK、約80㎡)を購入しました。
    その際、自己資金として150万円を用意しており、残りの2500万円は住宅ローンを組む予定でおりました。当初、マンション販売業者と提携する銀行(三井住友銀行)を勧められましたが、祖母の紹介で三菱UFJ銀行を予定していたので提携ローンはお断りしました。当時、同銀行の支店長に祖母がお世話になっていたのがその理由です。
    そして、支店長と面談し、ローン手続が進められていきました。しかし、実は私には複数のノンバンクからキャッシング(合計100万円ほど)をしており、すぐさま支店長からこの件に関する連絡が入りました。通常であればキャッシングは絶対NGでこの時点で審査は通らないが、祖母とのお付き合いもあるので完済を条件に審査を通していただきました。
    このような経緯もあったので金利や年数などの条件は銀行の言うがままに手続を進めておりました。当時は低金利時代であったので、10年の長期固定金利を選びたかったのですが、このような事情から固定3年(1.75%)か変動金利(2.65%)のニ者択一となりました(銀行は短期固定か変動金利を勧めるとのちにローンに詳しい方から聞きました)。
    結局選んだのは当面の月々の返済額を抑えたいということで固定金利3年の35年ローンでした。3年経過後は、自動で変動金利に切り替わりそのまま現在に至っております。切り替え手続きが面倒だったのでそのまま放置していました。
    金利の優遇キャンペーンなど特に何かのサービスがあるわけでもなかったので、他行(たとえば様々な優遇キャンペーンや商品を出している東京スター銀行)に乗り換えも考えたこともあったのですが、その場合には色々と費用がかかるとのことで断念したこともありました。
    今思えば住宅ローンという長期のお付き合いになるわけですから、やはり国内のメガバンクが安定感という意味では安心して住宅ローンの借入をできるのかな、という気持です。
  • 20代 会社員 女性
    結婚を機に、自分たちの財産とならない物にお金を払い続けるのは不毛だな・・・と考え住宅購入を決意しました。
    住宅の購入にあたってまずぶち当たる壁が住宅ローンです。住宅ローンは銀行によって、また購入する住宅によってもまちまちです。私も実際に住宅ローンをどこの銀行で組もうか、何が違うのか大変悩みました。
    そこで私の経験、また実際に借り入れを行っている銀行の情報などをお話ししたいと思います。

     私がローンの借り入れを行ったのは平成22年12月です。
    東京都八王子市子安町にある新築のタワーマンションの購入を考えました。住友不動産が販売していたこちらの物件で5,430万円の部屋で申し込みをしました。自己資金として700万円用意し、ローンは4,730万円で組みました。銀行は三菱UFJ銀行です。
     住宅ローンを組む為には、銀行への仮審査申し込みをしなければなりません。いくつかの銀行で同時審査を行う場合もあれば、私のように1つの銀行で審査を申し込む場合もあります。こちらの物件の場合、メガバンクですと三菱UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行・三井住友銀行の紹介がありました。どの銀行も金利に対する優遇%は変わりなく、借入時の優遇金利は変動で0.975%でした。固定の場合は年数によりますが、2~3%程の金利であったかと思います。
     当時の経済情勢では、数年で金利が著しく上がる・・・という事は考えにくかったので(もちろん銀行にもその旨は相談しました)、銀行担当者からの勧めもあり変動で35年ローンを組みました。また、変動金利では好景気と共にどんどん金利が上昇し、利息が膨らんでいくのかというと、元利均等返済の場合には、利率が上昇しても、最初の返済額の125%を超える事はないという説明を受け、多少安心した事も選んだ要因の1つです。
     ちなみに、最終的に三菱UFJで仮審査申し込みをしようと決めた要因は、利率が同じなので新居から銀行までの距離や立地、利便性で決めました。特にダイレクトというネットでの返済・振込などもできるサービスが魅力的でした。
    借り換えも考えましたが自分なりに調べた結果、借り換え先にもよるので一概には言えませんが、現在の利率よりも1%以上低い利率でないと、借り換え時の諸費用等を考慮した時、結局あまりメリットはないみたいなので今のところ借り換えの予定はありません。
     三菱UFJ銀行で借り入れを行い、現在まで特に不便を感じた事はありません。実際にこちらの銀行で借り入れを行った事で、ネット(ダイレクト)の繰り上げ返済も可能ですし、住宅ローンを組んでいるとATMやコンビニATM(セブン銀行やローソンなど)での手数料が無料になるサービスもあります。
     忙しい中で銀行に足を運ばなくてはならない事や、混んでいる際の待ち時間などを考えると、繰り上げ返済や振込もネットで時間曜日関係なくできますし、その際の手数料も同行宛であれば無料であったりと大変便利です。
     また、住宅ローンを借り入れる際の保険についても7大疾病を兼ねる保証があったり、女性特有の保証があったりとこちらも充実していたように感じます。ちなみに毎月のローン返済保険は66円と安いです。他行の住宅ローンとは利率しか比較をしていないので内容が特化しているかはわかりませんが、少なくとも住宅ローンの返済や普段使いに関しては問題なく助かっています。
    ただ、どこの銀行も同じかもしれませんが、期限前完済手数料は10,800円(ネットバンクの場合)、店頭だと21,600円かかるのが痛いなと思う程度です。また、この手数料に関しては契約時に知ったので、事前に教えて頂ければ他行との比較ができたなぁと感じ、その点は残念でした。

     まだ長いお付き合いになると思うのでこれから先新たな発見(良くも悪くも)があるかもしれませんが、メガバンクだけあって安心して借り入れをできる銀行だと思います。
  • 20代 会社員 男性
    不動産仲介会社の紹介で契約を行った。月々の保険料が安価だったので7大疾病保障付きの住宅ローンに申込を行った。住宅を購入したのが20代ということもあり月々の保険料が100円台と非常に安かった。年齢とともに保険料が上がるようなので早めに繰上げ返済をしていきたい。また住宅ローンの契約とともにキャッシュカードも兼ねたクレジットカードも強制的に申し込みとなった。すでにクレジットカードは多く持っていたので断ったが強制であった。普段このクレジットカードは利用しないのでキャッシュカードを持ち歩くと同時にクレジットカードも持ち歩くことになるので少し不安がある。
  • 30代 公務員 男性
    職場や自宅近くに店舗があるため中古マンション購入時に申し込みを行った。仮審査も数日で結果が出たのでスピード感がありがたかった。保証料を金利組み込み型とし1.275%の変動を選んだ。物件金額100%の融資が下りたため初期費用が少なくすみ非常にありがたかった。一方で月々の支払いはボーナス併用にはせずに返済計画を立てた。借り入れから4年が経過するが変動金利が安定しているので当面は固定金利には変えないつもりだ。
  • 20代 会社員 男性
    初めての住宅ローン申し込みとして利用していた。仕事が忙しくなかなか自分で銀行に行けなかったが、一部両親による手続きを認めてもらえるなど大手銀行なのに融通を利いた対応をしてくれ満足している。やはり大手銀行は担当者手続きにこなれているので安心できる。現在はこのマンションを売却したためローンを一括返済した。
クチコミ投稿フォームへ

※口コミ投稿フォームへリンクします

住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2019 住宅ローン比較. All rights reserved.