住宅ローンの審査では、年収、返済率、勤続年数、物件の価値など様々な観点で審査が行われ、「住宅ローンを貸せるのか」「貸せる人だった場合、いくら貸せるのか」が決定されます。

 

それらの銀行などの金融機関が行うローン審査に加えて、住宅ローンの借り入れ時に行われる審査に団信(団体信用生命保険)の加入審査があります。住宅ローンの審査落ちる理由・落ちた理由と挙げられることも多い、”健康状態の問題”がこの「団信の加入審査」に落ちることを意味しています。

 

団信の加入審査・健康状態の審査は、銀行が直接行うわけではなく団信を提供している保険会社が行います。今回は、この”団信(団体信用生命保険)への加入審査”についてポイントを確認しておきましょう。

 

団信(団体信用生命保険)とは

団信とは銀行などの金融機関が、債務者(あなた)が、死亡・高度障害の状態になった場合に、保険会社から住宅ローン残高を全額返済してもらうための仕組みです。そのため、(保険にかかる費用を誰が行うかに関わらず)住宅ローンの借り入れを行う人が行うか基本的には加入が必須です。もちろん、団信に加入する為には、団信への加入審査に通ることが条件となりますね。

 

フラット35では団信に加入したくても利用できますが、あなた(住宅ローンの借り入れを行う人)が、万が一の状態になった時に住宅ローンの残高が残り、残された家族が住宅ローンの返済が行えずマイホームを手放すことにならないようにする仕組みですので、できるだけ加入しておきたいものです。

 

まず、住宅ローンの審査基準についてはこちらの記事でも紹介しているとおり、団信への加入を必須と答えている金融機関は大半を占めています。そのため、民間の銀行で住宅ローンを借り入れる場合は、団信に加入することが必須になると考えておきましょう。その審査基準は銀行(保険会社)により異なりますが、過去に大きな病気をしたり、健康状態に不安を抱えている場合、住宅ローンの審査に落ちる可能性が高まります。

 
それでは、団信へ加入できずに住宅ローンの審査に落ちた場合、マイホーム(≒住宅ローンの借り入れ)をあきらめるしかないのでしょうか?実はそうではありません。現時点で大きな病気にかかっている場合は難しいかもしれませんが、そうでない場合は住宅ローンの審査が通る可能性は十分にあるのです。
 
ご自身のお考えや健康状態に合わせて、団信・健康状態の問題で住宅ローンの審査に落ちた場合の対策を考えてみましょう。

クレディ・アグリコル生命の団信について

インターネット銀行や大手銀行・地方銀行に幅広く採用されているのがクレディ・アグリコル生命の団信です。もし、クレディ・アグリコル生命の団信の審査に落ちて、他の住宅ローンに申し込んだとして、その住宅ローンの団信も同じ、クレディ・アグリコル生命の団信だったら、やはり落ちてしまうことになります。

例えば、auじぶん銀行もソニー銀行もクレディ・アグリコル生命の団信を採用していますので、団信の加入審査で落ちた場合、auじぶん銀行もソニー銀行も同じ結果になってしまう可能性が高いでしょう。同じ内容で告知して審査に通ったとしたら、クレディ・アグリコル生命の審査ミスと言えるほどです。

 

クレディ・アグリコル生命以外を採用している主な住宅ローン

イオン銀行:カーディフ生命
新生銀行:第一生命(介護保障は太陽生命)
※最新情報は各銀行でご確認ください。
 

引受条件緩和型団体信用生命保険(ワイド団信)について

ワイド団信とは通常の団信には加入できない健康状態と判断された人向けに提供される団信で、例えば、高血圧・糖尿病・肝炎・うつ病などを理由に団信の審査に落ちた人でも加入できることがあります。通常の住宅ローン金利に0.3%程度の金利が上乗せされるのが一般的ですね。
 
ワイド団信は必ずしもどの銀行も取り扱っているわけではありません。特にインターネットで人気の銀行では取り扱っていない銀行が多い中、おすすめできるのがソニー銀行の住宅ローンです。その理由は、上乗せ金利が0.2%と、他の銀行のワイド団信よりも条件が良いことです。ソニー銀行の住宅ローンは、事務手数料がわずか44,000円〜、一部繰上返済手数料が無料です。また、ソニー銀行の変動金利なら0.549%〜(2016年9月時点。変動セレクト住宅ローン)で提供していますので、仮に0.2%の上乗せになった場合でも、0.749%となりますので、十分低金利で住宅ローンと言えます。ソニー銀行の住宅ローンは、毎年、日経顧客満足度調査1位に選ばれている人気の住宅ローンの1つです。
 
 
 

団信に加入しなくても良い住宅ローンとは?

 
繰り返しになりますが、一般的な銀行の住宅ローンの場合、基本的には団信への加入が必須となっています。生命保険に一定以上加入済みである事を条件に団信不要としている地銀もありますが、団信に加入する必要のない住宅ローンを検討するのであれば、フラット35が選択肢としてあげられます。フラット35を取り扱っている金融機関のホームページをみると”住宅金融支援機構団体信用生命保険に加入することが原則”と説明があることが多く、わかりにくいのですが、こちらのページに明確に記載があるように、フラット35の場合、団信の加入は任意です。
 
フラット35は取り扱い金融機関によって金利等の条件が異なりますが、今ならフラット35取扱金融機関で最低金利を提示している住信SBIネット銀行のフラット35楽天銀行が有力候補ですね。

引受生命保険会社の異なる銀行へ審査への申し込みを検討

さきほど、クレディ・アグリコル生命の団信については触れましたが、健康状態や団信の審査を行っているのは銀行では無く保険会社です。健康状態や団信へ加入できずに住宅ローン審査に落ちた場合、引受生命保険会社の異なる銀行へ住宅ローンの審査を申し込んでみるというのは1つの方法と言えるでしょう。下記に各銀行の団信を引き受けている保険会社をご紹介いたします。
 
 
<主要銀行の引受保険会社>
イオン銀行:カーディフ生命
ソニー銀行:ソニー生命(ワイド団信は、クレディ・アグリコル生命)
auじぶん銀行:クレディ・アグリコル生命
・三井住友銀行:住友生命
新生銀行:第一生命(介護保障は太陽生命)
・地方銀行:地銀協(明治安田生命)
※最新情報は各銀行でご確認ください。
 
 
団信・健康状態を理由として住宅ローンの審査で落ちた場合、住宅ローンの利用を諦めたり、審査が緩い代わりに極端に金利の高い住宅ローンを選んでしまうケースがあるようです。
当サイトでは、そのような過去に大病を患ったり、現時点でも健康状態に不安を抱えている方にも、ぜひとも、ネット銀行などの優れた住宅ローンの利用を諦めないでいただきたいと考えています。