住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2015-10-21 カテゴリー: 住宅ローン全般

人生で「保険」を見直すタイミングは「結婚」「子供誕生」「住宅購入」

生命保険やがん保険などの医療保険、社会人になると多くの方は加入すると思います。ただし、保険が自分に合っているか、月々の保険料を減らしたい、結婚や子供が生まれたらどうするのか、と迷う方も多いはず。効果的で効率的な保険加入には定期的に「保険を見直す」ことが大事です。しかし大きなキッカケがないとなかなか判断がつかないもの。保険を見直すタイミングは、大きく分けると“3つ”あると言われています。

1.結婚したとき
結婚すると保険に入るように促されることがあると思います。過去、専業主婦の家庭が大多数だった時代に比べて、結婚のタイミングで生命保険が必要になるケースは減っています。ただし共働きだとしても、「一家の稼ぎ手に万一のことがあったときに、お金の面で困るかどうか」という点をしっかり考えておくとよいと思います。いずれ子供を出産したいと考えているのであれば、医療保険を検討しておくのも必要でしょう。出産のときにお金が必要になることも多いです。

2.子供が生まれたとき
保険の必要性を強く感じるのは、子供が生まれたときでしょう。多額の教育費に備えることも必要ですが、何より親に万一のことがあれば、子供に負担を強いることになりかねません。思うような教育が受けられないかもしれません。子供が生まれる前の妊娠時から、しっかりと保険を検討、確認しておきたいです。

3.住宅購入、ローンを組んだとき
住宅を購入するときに住宅ローンを借りる方が多いと思いますが、この住宅ローンを組んだときは、保険の見直しの絶好のタイミングです。特に「毎月の保険料を下げる」ことが可能になるかもしれませんので、とても重要です。住宅ローンを借りる際に、基本的には団体信用生命保険への加入が必要です。団体信用生命保険は、借主が死亡するなどし、住宅ローンの返済が難しくなった際に、住宅ローンの返済が免除されるものです。死亡時に一定額がもらえる生命保険と同様の機能となるため、生命保険を見直すことが出来ることが多く、住宅ローン返済で家計の負担が増す中、毎月の保険料を下げることで、家計を和らげることが期待できます。

人生において保険の見直しが必要なタイミングですが、保険は専門知識も多いため、自主的に検討するのは大変難しいものです。住宅ローンを借りるときに、保険の相談もあわせてしてみるのも良いかもしれません。その場合、ネット主体の銀行は基本的に窓口を持たないため、有人店舗をもつ銀行だといろいろと親身に相談に乗ってくれるでしょう。

例えば、日経新聞社が発表した銀行リテール力調査の住宅ローン分野において1位の評価を得たイオン銀行は、365日、夜は9時までイオンのモールやショッピングセンターなどに構える店舗で、お買い物ついでに相談することができます。業界最低水準の金利もあって、1位の評価は間違いなさそうです。

イオン銀行の住宅ローンについて詳しくはこちら

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.