三井住友銀行は2017年2月をめどに夜間・土日祝日についても三井住友銀行内であれば、リアルタイムで振り込みを実現するサービスを開始します。

リアルタイムの振込みに対応するのは支店のATM、コンビニATM、ネットバンキングなどを含めたものとなるようです。

同様のサービスは三菱UFJ銀行やみずほ銀行でも準備を進めているとのことです。

 

大手銀行では、すでにりそな銀行が同様のサービスを実現済みでしたが、今回動きで大手銀行すべての対応を揃うこととなります。

 

また、全国銀行協会では、異なる銀行でも24時間の振込みを2018年に実現させる計画のようです。

 

リアルタイムでの振込みではすでに楽天銀行、auじぶん銀行、住信SBIネット銀行が実現しており、昔ながらの銀行が先駆的なサービスを実現しているネット銀行にようやく追いつきつつあるようです。

 

住宅ローンについてもネット銀行の先駆的なサービスはメガバンクの住宅ローンと比較しても顕著です。

ネット銀行の先駆的なサービスといえば、日本初のネット完結の住宅ローンを実現したauじぶん銀行が上げられます。

 

 

書面での契約書などが不要で、捺印などが必要ないため、最短10日で住宅ローン融資が受けられるものです。

その他、auじぶん銀行の変動金利は業界最低水準の金利を提供し、「がん」と診断されたら、住宅ローン残高が1/2になる、「がん50%保障団信」を無料で付帯させるなど極めて珍しいサービスを提供しています。

今後もこうした先駆的なサービスが様々な銀行から出てくるのを期待したいですね。

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・イオン銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

【最先端】がん保障・疾病保障付住宅ローンを変動金利で徹底比較

 

<人気住宅ローンの公式サイトはこちらから>