秋も深まり気がつけば2016年も残すところ2か月半程度になりました。早速、2016年11月の住宅ローン金利の動向を予想してみたいと思います。

その前に2016年11月の住宅ローン金利動向を予想する前に10月の住宅ローン金利動向がどうだったのかを確認しておきましょう。

 

今後の住宅ローン金利の動向に大きな影響を与える政策が発表されたのは2016年9月の日銀政策決定会合です。大きな追加施策として長期金利のゼロパーセント誘導が実行されることとなりました。当時、マイナス圏にあった長期金利を日銀が作為的に0%に誘導することになれば、長期金利が上昇することになります。

 

当サイトでは、長期金利の上昇は住宅ローン金利(固定金利・当初固定金利)の上昇要因ですので、10月は住宅ローン金利が上昇するだろうと予想していました。ところが、長期金利は予想に反して下落し、9月末にかけてマイナス幅を拡大したため、10月の住宅ローン金利は横ばい、つまり9月から変わらない金利を提示する金融機関が多くを占める結果になりました。

 

その後、日銀による日本国債の買い入れ額の圧縮などが実行されるなど、長期金利はややマイナス幅を圧縮し0%に徐々に近づいている状況です。以下は直近1カ月程度の長期金利(10年もの国債利回り)の推移チャートです。(日本相互証券ホームページより引用)

 

chart_20161012

 

 

従って、11月の住宅ローン金利は引き上げになる可能性が高いと言えるでしょう。引き上げと言っても、しょせん長期金利は0%付近より上昇することにはならないと思いますので、引き上げ幅は限定的(わずか)になると考えられますね。

 

ちなみに、変動金利の住宅ローン金利は据え置きと考えておいて良いでしょう。現時点で、変動金利が上昇する要素は乏しいままです。

 

2016年11月の住宅ローン金利動向の予想

 ・変動金利は据え置き。引き続き0.4%台の超低金利を提示しているネット銀行などが人気を集める

 ・10年以上の固定金利はわずかではあるが引き上げの可能性あり

 

(参考)最新の住宅ローン金利動向(変動金利)

変動金利比較表<2020年10月>

変動金利比較表
No銀行名変動金利特徴
1auじぶん銀行
0.410% (全期間引下げプラン)
がんと診断されたら住宅ローンの残債が半分になる、がん50%保障と全ての病気とケガを保障する全疾病保障が無料が付帯してこの低金利。低金利ネット住宅ローンの代表格。
1SBIマネープラザ
(住信SBIネット銀行のミスター住宅ローンREAL)※2
0.410%(通期引下げプラン)
インターネット専業銀行でとして高い人気を集める住信SBIネット銀行のリアル店舗専用の住宅ローン。全疾病保障が無料で付帯。
2住信SBIネット銀行
(ネット専用住宅ローン)※1
0.440%(通期引下げプラン)
インターネット専業銀行でとして高い人気を集める住信SBIネット銀行。全疾病保障が無料で付帯。
3ソニー銀行
(変動セレクト住宅ローン)
0.507%
顧客満足度10年連続1位のソニー銀行。住宅ローンも高い人気。
4イオン銀行0.520%イオンなどでの買い物がいつでも5%オフなるサービスは他行では決してまねできない。
※この表の金利は定期的に更新されるため、記事本文と更新タイミングが異なる場合があります。
※1 審査結果によっては、金利に年0.1%上乗せとなる場合があります
※2 審査結果によっては、金利に年0.1%~年0.3%上乗せとなる場合があります

 

注目の住宅ローン比較・ランキング・特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・auじぶん銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

【最先端】がん保障・疾病保障付住宅ローンを変動金利で徹底比較