住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-10-06 カテゴリー: 住宅ローン全般

日本経済新聞、第12回銀行リテール力調査を発表、住宅ローンランキングの結果は?

日本経済新聞と日経リサーチが共同で全国117の銀行を対象としたリテール力調査を実施、結果を発表しました。

調査は実際に調査員が店舗に出向き、接客姿勢を評価する「店頭サービス(200点満点」と投資信託の品揃え、住宅ローンの金利、ATM手数料などの「商品充実度(100点満点)の2分野で順位付けされているものです。

店舗が存在しないネット専業銀行はこの調査の対象外となっています。

総合ランキングでは三井住友銀行が初めて1位(前年2位)、りそな銀行が2位(前年8位)と大きく順位を伸ばしました。

 

当サイトでは、住宅ローンのランキングを紹介したいと思います。

 

順位

銀行名 注目点
1 イオン銀行 変動金利の低さはもちろん、イオングループでの買い物が5%引きになる特典が人気
1 池田泉州銀行 借り換え専用プランを提供するなど住宅ローンに積極的
3 十六銀行 東海エリアNo1の住宅ローンシェアの実績
4 三井住友信託銀行 住信SBIネット銀行にも出資し、住宅ローンサービスに積極的
5 スルガ銀行 女性向け、外国人向けなど様々な住宅ローンを提供
6 三井住友銀行 ネット専用の住宅ローンも取り扱いを開始
7 南都銀行

夫婦債務連帯型、3疾病付き住宅ローンなどを取り扱い

8 中国銀行 がん保障、11疾病保障などの住宅ローンも取り扱い
9 みずほ銀行 ネガバンク初のネット専用住宅ローンを取り扱い
9 西日本シティ銀行

女性向け、定期借地権向けなど様々な住宅ローンを取り扱い

日本国内で住宅ローンで最大のシェアを持つと思われる、三菱東京UFJ銀行は10位圏外となり、地銀がランキング上位に登場した印象が強いですね。

地銀の住宅ローン金利はネット専業銀行の金利と比較すると割高感は拭えないのが現状であり、金利以外のサービスが評価されているようです。

具体的には、スルガ銀行では住宅ローン残高に応じてANA(全日空)のマイレージがたまる、西日本シティ銀行では土日に住宅ローンの相談ができる店舗数が多いなどが評価されています。

 

ネット専業銀行の住宅ローンは疾病保障、がん保障などの付帯サービスはもちろん、金利引き下げ競争が恒常化しており、リアル店舗でのサービスを重視する方でも、一度、住宅ローン借り入れ、借り換え時にネット専業銀行の住宅ローンも借り入れ検討先に入れられてはいかがでしょうか。

なお、当サイト人気 No1の住宅ローン借り換えランキングもぜひ参考にしてみてください。

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・じぶん銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

【最先端】がん保障・疾病保障付住宅ローンを変動金利で徹底比較

 

<人気住宅ローンの公式サイトはこちらから>

じぶん銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

ソニー銀行公式サイト

イオン銀行公式サイト

りそな銀行の公式サイト

楽天銀行の公式サイト

 

 

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.