住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2017-08-07 カテゴリー: 住宅ローン全般

住宅ローン ペアローンのメリット・デメリットとは?

夫婦共働きのご家庭でマイホームを購入する際に協力して住宅ローンを借りることを検討されるご家庭もあるのではないでしょうか。ペアローンは現在、国内の主要金融機関で取り扱いを行っています。

年収がなかなか上がりづらい経済環境下が続いており、夫婦の収入を加算することで住宅ローン借入可能額が大きくなる可能性があるペアローンについて今回は解説していきたいと思います。

 

ペアローンとは?

ペアローンとは夫婦や親子などが1つの住宅に対し、ぞれぞれ別の住宅ローンを借りることを意味し、単独では購入できない物件も収入を合算することで購入できる可能性があるものです。また1つの住宅に対し2つの住宅ローンを契約するためお互いの住宅ローン契約に対し連帯保証人になる必要があります。
 

ペアローンのメリットとは?

 1.ペアローンのメリットは単独での借入よりも大きな借り入れができることでしょう。こ夫婦で同レベルの収入を得てれば単独で住宅ローンを借りるより2倍程度も住宅ローン借入限度額となり、マイホーム購入の際に検討する物件の幅が大きく広がることでしょう。

 2.ご夫婦それぞれで住宅ローン契約を行うこととなるためご夫婦それぞれで住宅ローン控除を受けることが可能となる。

3.収入合算と異なり夫婦が別々の住宅ローンを契約、団体信用生命保険(団信)に加入するため、ご夫婦いずれかに万が一の場合があった場合に団信の保障が受けられます。

 

ペアローンのデメリットとは?

 1.ペアローンはご夫婦で別々の住宅ローンを契約するため手間や諸費用(司法書士、印紙代など)が余分にかかることとなります。

2.ご夫婦それぞれで住宅ローン審査に通る必要があり、ご夫婦いずれかが住宅ローン審査の落ちた場合にはマイホームが購入できない。

3. ご夫婦いずれはかが、何かしらの理由で働けなくなり収入が減少・無くなった場合でも月々の住宅ローン返済を続ける必要があります。特にお子さんが生まれる際などを想定しておく必要があります。

4 .こ夫婦間が不仲になるなどし、マイホームを売却しなければいけなくなった際は、マイホーム売却とともに住宅ローンの一括繰上げ返済を行うこととなりますが、 マイホームの売却金額が住宅ローン残高を下回っていた場合にはマイホーム売却後もローンの返済を続ける必要が出てしまいます。

 

ペアローンにオススメの住宅ローンは?

現在多くの金融機関でペアローンを扱っています。下記の変動金利ランキングでご紹介するすべての銀行でもペアローンを扱っています。

変動金利比較表<2017年8月>

変動金利比較表<2017年10月>
No銀行名変動金利特徴
1住信SBIネット銀行
(ネット専用住宅ローン)
0.477%
インターネット専業銀行でとして高い人気を集める住信SBIネット銀行。全疾病保障が無料で付帯。
2じぶん銀行
0.497%
がんと診断されたら住宅ローンの残債が半分になる、がん50%保障が無料が付帯してこの低金利。まさに最新の住宅ローンの代表格。
3ソニー銀行
(変動セレクト住宅ローン)
0.549%
顧客満足度9年連続1位のソニー銀行。住宅ローンも高い人気。
4イオン銀行0.570%イオンなどでの買い物がいつでも5%オフなるサービスは他行では決してまねできない。
※この表の金利は定期的に更新されるため、記事本文と更新タイミングが異なる場合があります。
最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.