住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2019年11月金利更新

2019年10月の消費税増税で各社の住宅ローンの手数料などが変更されています。詳細は各社の公式サイトで必ずご確認ください。
2017-05-19 カテゴリー: 住宅ローン全般

ランキングの老舗オリコンが住宅ローン借り換え顧客満足度の調査結果を発表

2017年5月18日にオリコンが日本顧客満足度ランキングのマネー関連の結果を発表しました。今回調査結果が公表されたマネー関連のオリコンランキングは「住宅ローン 借り換え」「ネット銀行」「ネット証券」「カードローン」の4つです。ネット銀行ランキングなども気になるところですが、今回は「住宅ローン 借り換え」のランキング結果を確認してみましょう。

 

住宅ローン借り換え総合ランキング1位はソニー銀行が獲得!

今回のランキングで見事に顧客満足度1位を獲得したのは、ソニー銀行の住宅ローンでした。今回の調査は、住宅ローン利用者に対して、「融資内容」「付帯サービス」「手続き」「金利」「手数料・保証料」「繰り上げ返済」「担当者サイトのわかりやすさ」の8つの項目で満足度を回答してもらう形式をとっていたようですが、「付帯サービス」で1位を「イオン銀行」に譲っただけで、7項目で1位を獲得し。総合得点でも唯一の80点を超え、非常に高い顧客満足度を得ています。

 

ソニー銀行の住宅ローンはこちらのページで紹介させていただいているように、「団信、保証料が無料!繰り上げ返済手数料が無料!」「固定金利から変動金利、変動金利から固定金利への変更が何度も可能」「オリコン住宅ローン顧客満足度調査で6年連続1位!(借り換え)→今年で7年連続1位!」など、住宅ローンの利用後の利便性は極めて高いのは頷けます。ただ、「金利」で1位を獲得していたり、唯一逃した付帯サービスでも2位を獲得しています。実際に利用してみると見え方が違うといったところでしょうか。第三者の視点ではじぶん銀行や住信SBIネット銀行の住宅ローンの低金利が目立ちますし、付帯サービス(何をもって付帯サービスとするかにもよりますが)、がんに対する補償が充実しているじぶん銀行や、8疾病保障に対応している住信SBIネット銀行の付帯サービスに対して、ソニー銀行は疾病保障面では充実しているとはなかなか言いにくいのではないかと思います。

 

ソニー銀行の住宅ローンについて詳細はこちら

 

住宅ローン借り換え総合ランキング2位は日本を代表する流通系イオン銀行!

総合ランキングで2位を獲得したのはイオン銀行です。「付帯サービス」で1位を獲得したほか「金利」でも2位を獲得しています。イオン銀行の住宅ローンの特徴と言えば、「イオングループでの買い物がいつでも5%オフになる」イオン銀行独自のサービスです。生活費として6万円をイオンで買い物する人であれば、毎月3000円も生活費を抑えられることになります。年間では3.6万円、5年間なら10万円を超えるわけで、利用者がこの付帯サービスを利用して高い満足度を得ているのも頷けます。

 

イオン銀行の住宅ローンについて詳細はこちら

 

住宅ローン借り換え総合ランキング3位は独自サービスが光る新生銀行

トップ3に滑り込んだのは新生銀行です。新生銀行の住宅ローンは「手数料・保証料」で2位、「繰り上げ返済」で3位にランクインしています。この両分野において新生銀行が上位に食い込むのは納得の結果と言えるでしょう。「手数料・保証料」の面では優位性があるのは明らかで、「55,000円~」の事務手数料と保証料無料はソニー銀行と並んで国内金融機関でもっとも安価に余計な費用をユーザに支払わせることの無いように心がけている住宅ローンと言っても過言ではありませんし、「安心パック」と呼ばれる「介護保障」と「元本返済を一定期間ストップできるコントロール返済」というサービスをセットにした住宅ローンにしたとしても、わずか54000円を上乗せするだけで済みます。(今なら事務手数料が110,000円引きになるキャンペーンを実施しているので、実質事務手数料無料)ですし、ソニー銀行をも上回る低コスト住宅ローンと言えます

 

新生銀行の住宅ローンについて詳細はこちら

 

じぶん銀行・住信SBIネット銀行・りそな銀行はランク外?フラット35も上位に登場せず。

理由はわかりませんが、この数年、超低金利の住宅ローンを提供している銀行はどこ?と聞かれれば真っ先に「じぶん銀行」「住信SBIネット銀行」の2行が頭に浮かびます。2017年5月時点でも実際に低金利なのはこの2つの銀行です。また、フラット35を提供する楽天銀行もフラット35取扱金融機関内で最低水準の金利を常に打ち出していますし、フラット35Sなどを利用することで、変動金利よりも低金利で金利を固定することすらできてしまいます。

 

今回の調査対象者にこれらの住宅ローン利用者が少なかったのか、もしくは、調査対象外だったのでしょうか。いずれにせよ当サイトでも様々な観点で住宅ローンを比較したコンテンツを数多く提供していますので、ぜひご参考ください。

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・イオン銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

【最先端】がん保障・疾病保障付住宅ローンを変動金利で徹底比較

 

<人気住宅ローンの公式サイトはこちらから>

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2019 住宅ローン比較. All rights reserved.