住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2019年8月金利更新

  変動金利年0.457%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2017-03-14 カテゴリー: 経済全般

スコットランドがイギリスからの独立を問う2回目の住民投票実施へ/イギリスのEU離脱を受け

スコットランドのスタージョン首相は現地時間の3月13日にイギリスからの独立を問う2度目の住民投票をしてすると表明しました。

スコットランドの独立を問う住民投票は2014年9月に1度行われており独立反対派が勝利しました。

今回2度目の住民投票を実施するのは2016年にイギリス全体で行われたイギリスのEU離脱を通る国民投票において、 EU離脱派が勝利をしたことが理由となっています。スコットランドではこの投票において62%がEU残留を支持しており、スコットランドとしてはEUに残留し、単一市場にアクセスを続けたいという考えがあるようです。
2016年の大きなニュースとしてはこのイギリスEU独立問題とアメリカのトランプ氏の大統領選挙での勝利がありました。イギリスのEU独立に関する一連の動きを当サイトでもご紹介しており下記の記事を確認いただければと思います。

イギリスのEU離脱問題/住宅ローン金利への影響は?

【速報】イギリスのEU離脱に対する各国の反応と今後の見通しは?

 

イギリスはイングランド、スコットランド、北アイルランド、ウェールズの4カ国からなる連合王国であり、スコットランドが独立するということになればイギリスという国の枠組みそのものが問われることとなりEUは新たな課題を抱える可能性があります。

スコットランドのスタージョン首相が表明した住民投票は2018年から2019年を目指すしており短期的に世界経済に影響及ぼすものではありませんが動向には注視していきたいと思います。

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2019 住宅ローン比較. All rights reserved.