住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.590%!じぶん銀行の住宅ローン
2017-05-11 カテゴリー: 住宅ローン全般

住宅ローンで人気の各銀行の『格付け』を徹底比較

住宅ローンは、長い期間付き合うことになる金融商品です。住宅ローンを提供する金融機関との付き合いも長くなっていくことになりますね。人生で最大の借金とも程のお金を借り入れる先の基準の1つとして、信頼性や安心感があるのは言うまでもありません。今回の特集ページでは、当サイトで紹介している金融機関の格付けを紹介させていただきたいと思います。

 

格付は、昔と比べるとその価値が懐疑的に見られがちですが、第三者からの視点で経営基盤がしっかりしているかどうかを現した指標ですので、参考としておいて損になることはないでしょう。それでは、2017年5月時点の最新の各金融機関の格付けをご紹介します。

 

なお、企業の格付けは、格付け会社と呼ばれているスタンダード&プアーズ(SP) 、 ムーディーズ・ジャパン(MJ) 、フィッチレーティングス(FR)などいくつかの企業により付与されています。今回は、日本格付研究所(JCR)の格付けを確認してみましょう。

 

銀行名 長期格付け 短期格付け
ソニー銀行 AA- / 安定的
イオン銀行 A / 安定的 J-1
住信SBIネット銀行 A / 安定的
楽天銀行 A / 安定的 J-1
みずほ銀行 AA / 安定的
りそな銀行 A+ / ポジティブ) J-1
新生銀行 BBB+ / ポジティブ J-2

※イオン銀行の親会社であるイオンフィナンシャルサービス株式会社の格付け。

 

みずほ銀行が最も高い格付けである「AA」を取得しています。一方で、「ソニー銀行」もそれに継ぐ形で「AA-」の格付けを取得していますね。みずほ銀行が高い安定性があるのはその規模からしてうなづけますが、ソニー銀行の安定感は特筆すべき水準にあると言えます。一方、新生銀行は残念ながら「A」を取得できず、その下の「BBB+」です。経営が心配になる水準ではありませんが、少し目立ちますね。

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

 

<おすすめの住宅ローン公式サイト>

ソニー銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

イオン銀行公式サイト

楽天銀行の公式サイト

みずほ銀行の公式サイト

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.