住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2015-12-13 カテゴリー: 住宅ローン全般

【コラム】固定金利の代表格「フラット35」を支えるARUHIとは?

 

住宅ローンを検討中の方は「フラット35」をご存じの方は多いのではないでしょうか?当サイトでもフラット35の取り扱いのある金融機関をいくつか紹介しています。今回はフラット35という住宅ローンについてあらためて確認しながら、100を超えるフラット35取扱金融機関シェア1位を維持し続けているARUHI(旧SBIモーゲージ)の取り扱うフラット35を紹介したいと思います。

 

 

フラット35とは

フラット35とは住宅金融支援機構と民間の金融機関が共同して提供する長期固定金利型の住宅ローン商品の名称です。2004年にフラット35という名称になり銀行・信用金庫・住宅ローン専門会社など、全国で100を超える金融機関がフラット35を取り扱っています。

 

フラット35の特徴

フラット35の特徴は、なんといっても長期固定金利型の住宅ローンであるという点です。「フラット」と言う名前からも想像できるかもしれませんが、フラット35は住宅ローンを借り入れた時点で、返済完了までに適用される住宅ローンの金利が決まっています。ちなみに、「35」は主力の商品が借入期間最大35年を示しています。他にも借入期間が20年のタイプや50年のタイプまで用意されています。また、フラット35には、「保証料が不要」「繰上返済手数料が無料」「団体信用生命保険(団信)への加入が任意」という特徴があります。

 

フラット35の借り入れ条件

前述の通り、フラット35の取り扱いを行っている金融機関は数多くありますが、フラット35の借り入れの審査は住宅金融支援機構が行っています。フラット35が民間の住宅ローンと比較して審査基準が異なるという点は有名です。フラット35について「審査の基準が緩い」という表現は決して適切ではないかもしれませんが、民間の住宅ローンとは審査内容や方法が異なっているのは間違いなく、「民間の住宅ローンの審査は通らなかったけれども、フラット35の審査は通った」と言う声は実際にも耳にしたことがあります。また、審査のスピードが早い事でも有名です。アルヒ(旧SBIモーゲージ)などであれば、事前審査(仮審査)であれば最短で当日、本審査(最終審査)も最短で3営業日というケースもあるようです。

住宅ローンの借り換えの場合、借り換えのタイミングはある程度自分で選べるケースが多いですが、住宅ローンの借り入れは、マイホームの選定や条件を確認しているうちに時間が無くなってしまうものです。気が付いたら住宅ローンを選ぶ期間が残っていなくて、不動産会社の進める提携住宅ローンで契約をせざるをえなかった、という声も耳にすることがあります。「フラット35の審査が早くて助かった」という声がインターネットでよく見かける理由の1つと言えるでしょう。

 

フラット35を支えるARUHI(旧SBIモーゲージ)

前述のとおり100を超える金融機関が取り扱っているフラット35ですが、その中で2014年まで5年連続でシェアNo1を誇り、フラット35業界を支えているのがARUHI(旧SBIモーゲージです)。それより前は「りそな銀行」などの大手銀行が高いシェアを確保していましたが、2009年からは住宅ローンの専門会社であるARUHI(当時の社名はSBIモーゲージでしたが)が1位となり、その後5年連続でその地位を維持しています。

ARUHIの調べによると2014年度にフラット35を利用した人の4人に1人、実に25%以上の人がARUHIのフラット35を選んでいる実績があるとのことですので、驚異的な人気の高さです。まさに、この数年、フラット35のビジネスを下支えしていたことはもちろん、数多くのマイホームの購入を検討していた人たちや住宅ローンの借り換えを希望していた人たちとフラット35を繋いでいたことになりますね。

 

ARUHI(旧SBIモーゲージ)のフラット35の魅力とは?

そんな圧倒的なシェアを誇るARUHIですが、一体どこが魅力なのでしょうか?ここでARUHIのフラット35の商品性を確認してみたいと思います。

  1. なんと言っても、毎月、フラット35取扱金融機関の中で最低水準の金利を提示している事があげられます。2015年12月も返済期間35年以下で1.550%、返済期間20年以下1.280%と最低水準の金利を提示しています。フラット35は借り入れ時点で全期間の金利が確定しますので、少しでも金利の低い金融機関を選ぶ事は非常に重要です。この低金利の提示がARUHIのフラット35の人気を下支えしていることは疑うまでもありません。
  2. 次のポイントは店舗網です。住宅ローンは35年にわたる長い期間付き合っていく必要のある金融商品です。万が一の時に相談できる窓口が多い安心感は人気を集めるポイントと言えるでしょう。
  3. ARUHIメンバーズクラブに期待。SBIモーゲージからARUHIに代わってから間もないですが、サービス内容として一番の変化はこのメンバーズクラブかもしれません。ARUHI提携先の「引っ越し」「家具」「ガーデニング」「ホームセキュリティ」と言った「マイホーム」にまつわる各種サービスを格安の料金で利用できるサービスです。まだ発足して間もないため、提携先企業の数はそれほど多くありませんが、これから順次拡大していく事を宣言しています。銀行ではこういったサービスはなかなか提供できませんし、小規模な住宅ローン専門会社ではこういったサービスを提供する体力や顧客基盤が揃わないものです。フラット35のシェア1位を続ける独立系の住宅ローン専門会社のARUHIだからこそ提供できるサービスと言っても良いかもしれません。
  4. その他にも、繰り上げ返済手数料無料・保証料無料はもちろん、住宅ローンの金利が低下してきて借り換えた方が良いことをお知らせするサービス、デュエット団信など様々な家族の状況に合わせたサービスを幅広く提供し、住宅ローンの借り入れを考えている人たちのニーズに応えられるサービスをそろえている点も忘れてはいけません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?フラット35は2015年に過去最低金利を更新しています。長く続く低金利の影響で「固定金利」と「変動金利」の金利差が縮まり「安心して住宅ローン」を借りたいと考える人がフラット35を選び、フラット35自体が人気を集めつつあります。そんな中、5年連続でフラット35のシェア1位を誇るARUHI。1位に選ばれて、そしてそれを維持し続けるだけの理由がありますね。文中にも記載しましたが、ARUHIのフラット35は住宅ローンの審査にかかる時間が短いことでも有名です。また、(当たり前ですが)住宅ローンを申し込みは無料、決して損をすることはありませんので1つに固定せずに複数の金融機関に申込みを行うのは定石ですが、その中にARUHIのフラット35を加えてみるのは決して間違いではないでしょう。

 

ARUHIのフラット35の詳細はこちらから

ARUHIのフラット35の公式サイトもこちらから

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.