住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2020年5月金利更新

2017-05-17 カテゴリー: 経済全般

三菱UFJ銀行が三菱UFJ銀行に商号変更へ/2018年4月

2017年5月15日に三菱UFJフィナンシャルグループが主要事業会社である三菱UFJ銀行の称号を2018年4月1日付で三菱UFJ銀行に変更すると発表しました。
三菱UFJフィナンシャルグループにおいて商号に東京と入っている法人が三菱UFJ銀行のみとなっており、大きな驚きはないのかもしれません。
三菱UFJフィナンシャルグループは同時にグループ内の機能別再編についても発表行っています。

 

三菱UFJフィナンシャルグループは2001年に東京三菱銀行、三菱信託銀行、日本信託銀行が統合し発足した国内最大金融機関であり、海外進出においても積極的でアメリカにおいてはカリフォルニア州を地盤とするユニオンバンク、東南アジアのタイにおいてはアユタヤ銀行を傘下に置いています。

 

三菱UFJフィナンシャルグループはインターネット金融への進出に対しても積極的であり、独自の仮想通貨「MUFGコイン」を発行する計画を発表しています。
身近なところではネット専業証券のカブドットコム証券を傘下に持ち、 2008年には通信大手のKDDIと出資を行い、auじぶん銀行の営業を開始しています。

 

三菱UFJ銀行は住宅ローン業界においても国内最大のシェアを持つ銀行となり、その金利動向が常に注目を浴びています。
2016年にはカブドットコム証券が銀行代理店業務として三菱UFJ銀行の住宅ローンを取り扱うなどネット専業銀行を意識した動きも見せています。

 

三菱UFJフィナンシャルグループとしてのネット完結型の住宅ローンとしては現時点においてはauじぶん銀行が扱うauじぶん銀行のプロパー住宅ローンがネット専業銀行の競合である住信SBIネット銀行、ソニー銀行などと比較しても極めて優位性が高いサービス内容を展開しており今後も注目していきたいと思います。

【特集】auじぶん銀行の住宅ローンをおすすめしたい7つの理由 もご一読ください。

 

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴としてはまずその金利水準です。変動金利は借り換えや新規などを問わず年0.497%、 10年固定においても同じく年0.520%と住信SBIネット銀行やソニー銀行を下回る金利水準を実現しています。またauじぶん銀行の住宅ローンにはがん50%保障団信が無料で付帯され、「ガンと診断されただけ」で住宅ローン残高が半分になる画期的な医療団信を実現しました。他にも書面での契約手続きが不要となるで国内初のネット完結型を展開し、住宅ローン審査申し込みから住宅ローン契約完了まで最短10営業日と言うスピード感実現しています。

10年固定金利比較表<2020年5月>

10年固定金利比較表<2020年5月>
No銀行名10年固定金利特徴
1auじぶん銀行0.550%(当初期間引下げプラン)がんと診断されたら住宅ローンの残債が半分になる、がん50%保障と全ての病気とケガを保障する全疾病保障が無料が付帯してこの低金利。低金利ネット住宅ローンの代表格。
2ソニー銀行 固定セレクト
0.600%顧客満足度9年連続1位のソニー銀行。住宅ローンも高い人気。
4イオン銀行0.620%イオンなどでの買い物がいつでも5%オフになるサービスは他行では決してまねできない。
6SBIマネープラザ
(住信SBIネット銀行のミスター住宅ローンREAL)※1
0.710%インターネット専業銀行でとして高い人気を集める住信SBIネット銀行のリアル店舗専用の住宅ローン。全疾病保障が無料で付帯。
6住信SBIネット銀行
(ネット専用住宅ローン)※2
0.710%インターネット専業銀行でとして高い人気を集める住信SBIネット銀行。全疾病保障が無料で付帯。
※この表の金利は定期的に更新されるため、記事本文と更新タイミングが異なる場合があります。
※1 審査結果によっては、金利に年0.1%~年0.3%上乗せとなる場合があります
※2 審査結果によっては、金利に年0.1%上乗せとなる場合があります

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | auじぶん銀行の住宅ローン
© 2020 住宅ローン比較. All rights reserved.