住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2019年8月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.457%
2017-01-14 カテゴリー: 税制

中古住宅を購入、リフォーム工事を行う40歳未満の方に最大65万円の補助制度開始へ

国土交通省は2017年2月にも、中古住宅を購入し、省エネ・耐震改修などのリフォームを行った40歳未満の方に最大65万円を補助する制度を開始するとのことです。

対象を40歳未満とすることで子育て世帯や若年層のマイホーム購入を後押しすると同時に、中古住宅市場の活性化を目指す模様です。

補助の対象となるには専門家に住宅診断を受ける必要があり、専門家に建物の劣化状況を検査してもらう必要があり、

・住宅診断と省エネリフォームに最大50万円

・耐震改修に15万円

合計で最大65万円の補助が受けられるものです。

補助金は宅建業者が住宅購入者に代わり申請、中古住宅購入代金か補助額分を割り引く仕組みとなるとの事です。

 

中古住宅と若年層を巡る国のサポートとしては

フラット35、子育て世帯の住宅ローン金利の割引制度を2017年度開始

というニュースも出ており、今後も新規の制度が発表される可能性もありかもしれません。

 

こうした制度が積極的に導入されるのは、都市部を中心に住宅価格が上昇しているためと考えよいでしょう。

特に東京都では中古マンションの価格も年収倍率で8倍強まで上昇しており、標準的なサラリーマン世帯での購入が極めて厳しい状況となっています。

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2019 住宅ローン比較. All rights reserved.