住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2019年11月金利更新

2019年10月の消費税増税で各社の住宅ローンの手数料などが変更されています。詳細は各社の公式サイトで必ずご確認ください。
2016-12-28 カテゴリー: 不動産価格

2017年の首都圏マンション販売戸数は前年比6.4%増予想/2016年は24年ぶりの低水準に

不動産経済研究所は12月21日に2017年度の首都圏マンション販売戸数の予測値を発表しました。

2017年は2016年比でプラス6.4%増(3万8,000戸)と4年ぶりの増加となるなる見込みです。ただし、2016年のマンション販売戸数は24年ぶりの低水準となっていることから、増加と言っても楽観的な数字とは言えないでしょう。

販売戸数の低迷は価格上昇により勤労世帯により新築マンションの購入が手の届かない水準にまで達している点や、都市部ではマンション用地が不足していることが上げられます。

2017年はマンション施工費が横ばいもしくは下落傾向となる見込みであり、首都圏以外にマンション着工が増える模様です。

エリア別の予測では、

・東京都区部 16,500戸(+5.1%)

・都下 4,000戸(変わらず)

・神奈川県 9,000戸(+5.9%)

・埼玉県 4,500戸(+12.5%)

・千葉県 4,000戸(14.3%)

となっています。

マンション価格の高止まり続く中、住宅ローン比較をキチンと行い、金利負担を軽減していきたいですね。

住宅ローン比較には当サイトを活用ください。 住宅ローン比較 はコチラ

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2019 住宅ローン比較. All rights reserved.