住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2015-04-28 カテゴリー: 不動産価格

米国の新築住宅販売11.4%減へ、住宅市場は徐々に減速か?

2015年3月の米新築住宅販売件数は1割減、在庫も増えて住宅価格が値下がりするという状態になっているという記事を見つけました。一方、雇用市場は堅調との事で、回復していく可能性もあるようですが、FRBの利上げ以降、徐々に景気が減速していき、住宅の売れ行きが低迷していく可能性が高い状況だと思います。

 

アメリカも日本と同様。FRBが利上げすれば住宅ローン金利も上昇しますからね。不動産価格が多少低下しても支払額は増えてしまいます。住宅ローン金利の重要性がわかりますね。

まず、米国の商務省が発表した3月の新築一戸建て住宅販売件数は前月から11.4%減少し、4カ月ぶりに悪化しています。地域によって格差も激しく、米国の北東部でh33.3%減と大きく落ち込んでいます。さらに、住宅ローンの在庫は1.9%増加し2カ月ぶりの積み増しになっています。

上記は遠い海の向こうの国の話ですが、日本においても同じような状況になる可能性は十分にあります。今は強制的に低金利を作り出し、住宅を含む様々な市場の活性化を狙っていますが、いつまでも実施できるわけではないですからね。

株価は上昇していますが、私たち一般消費者の生活で景気回復を感じることはほとんどないのが実情です。当面、低金利が続く可能性はありますが、今のうちに住宅ローン金利を固定しておくのは一つの方法ですね。

 <当サイトおすすめのフラット35取扱金融機関公式サイト>

楽天銀行公式サイト・・・フラット35最低水準の金利&手数料。さらに楽天ポイントも!

SBIモーゲージ公式サイト・・・フラット35取扱金額No1。充実した店舗で相談可能

 

<当サイトおすすめの住宅ローン公式サイト>

ソニー銀行公式サイト ・・・初期費用を徹底削減!オリコン顧客満足度No1

住信SBIネット銀行公式サイト・・・八疾病保障も付帯する超低金利住宅ローン

イオン銀行公式サイト・・・変動金利業界最低水準。イオンでの買い物が5%OFFになるサービスも

りそな銀行公式サイト・・・大手銀行らしからぬ強気の住宅ローン金利設定で大注目!

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

フラット35への借り換えを比較。借り換え軽減効果は?

人気の固定金利タイプの住宅ローンを徹底比較

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・イオン銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.