住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年11月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!

中古住宅に再注目リフォームローン比較

(2017年9月更新)

リフォームローンとは?

リフォームローンとは、住宅を増改築する際にかかる費用を借り入れするローン商品です。大きく、担保を差し入れる必要のある「有担保型のリフォームローン」と、担保が不要な「無担保型のリフォームローン」に分かれます。「有担保型のリフォームローン」は住宅ローンに近くて、「無担保型のリフォームローン」は、いわゆる目的別ローン・フリーローンの一種と考えると良いでしょう。

 

多くの銀行では、リフォーム専用のローン商品を提供していますが、フリーローンをリフォーム資金に使ってもらうという形でリフォーム資金ニーズに応えているような銀行もあります。

 

  有担保型リフォームローン 無担保型リフォームローン フリーローン
商品性

住宅ローンに極めて近い商品性で、金利が低いことが一番の特徴。一方、マイホームを担保に差し入れる形となり、一般の住宅ローンなどと同じように保証料や抵当権の設定費用などがかかる。

また、担保審査があるため、ローン審査に比較的時間がかかる。

抵当権の設定の必要がなく、基本的には有担保型のリフォームローンよりは金利が高いがフリーローンよりは低金利。

担保審査がない為、比較的短期間で審査が終わる。一般的にリフォームローンと呼ばれている商品は、このタイプが多い。

リフォームローンよりは金利が高い。

使途を制限されずに借り入れを行うため、引っ越し代金や家具の購入はもちろん、リフォームに伴って発生する様々な費用・支払いに借り入れ資金を活用することができる。

審査は非常に短期間で終わるケースが多い。

リフォームローン選びのポイントは?

中古住宅をリフォームして住む場合は、有担保型のリフォームローンを利用するケースが多いでしょう。このケースでは、リフォーム資金を中古住宅の金額に上乗せして住宅ローンを契約することになりますので、リフォームローンと言うよりは住宅ローンを住宅価格+リフォーム資金の金額で借り入れるイメージです。実質的にはリフォーム資金にも対応した住宅ローンを比較することからスタートします。一般的な(無担保の)リフォームローンやフリーローンなどと比較した場合、住宅ローンの金利は非常に低いので毎月の返済額は大幅に抑えることができるので、非常にゆうりなのですが、一方で、借入期間は住宅ローンと同一(最大35年)で契約することになります。そのため、借入期間が長くなりがちで、最終的に支払う利息額は増加する傾向があるという点は注意しておくとよいでしょう。

 

既に保有している住宅をリフォームする場合など、一般的には無担保型の住宅ローンが選択肢になります。住宅ローンは無く完済していて、第一抵当権を銀行に設定できる場合で、大規模なリフォームを行う場合、有担保型で金利を抑えたリフォームローンを契約することも可能です。

それでは、いくつかのリフォームローンの商品性を確認してみましょう。

新生銀行の住宅ローン(リフォームセット型)

新生銀行では「リフォームローン」そのものは提供していませんが、「中古住宅購入時のリフォーム資金」に対応しています。また、「住宅ローンの借り換え時にリフォーム資金を上乗せして借り換える」ということも可能として、住宅ローンの汎用性を高めることで「リフォーム資金ニーズ」に対応しています。

新生銀行の住宅ローンは「事務手数料」「保証料」「団信保険料」が低く抑えられる点が特徴になりますが、リフォームにお金がかかるタイミングでそれらの費用が高い住宅ローンの利用はなかなか難しく、新生銀行の住宅ローンはリフォームを検討している人にかなり有利な条件になっています。新生銀行の住宅ローンそのものが人気が高く、その住宅ローンがそのままリフォーム資金に充当できるのは非常に魅力的と言わざるを得ないでしょう。

新生銀行の住宅ローン公式サイトはこちら

イオン銀行の住宅ローン&リフォームローン

まず最初に確認しておきたいのがイオン銀行のリフォームローンです。イオン銀行の住宅ローンはリフォーム資金には対応せず、リフォームローンという形でリフォーム資金の借り入れの希望に対応しています。

特徴の1つは資金使途が幅広い点です。「本人または同居する家族が所有する本人居住用住宅で、増改築や改装、補修、車庫の設置、造園、システムキッチン、住宅用定置型リチウムイオン蓄電池等の住宅関連設備の工事および購入に伴う費用」に利用できますので、住宅増改築だけでなくインテリアを購入するための資金にも利用することができます。

また、金利も低く、借り入れ可能金額も500万円と一般的なリフォームの資金に充当しやすい商品性となっています。

index_img_02

住信SBIネット銀行のMr.リフォームローン

住信SBIネット銀行の住宅ローンが高い人気を集めていることは言うまでもありませんが、住信SBIネット銀行ではMr.リフォームローンと呼ぶ無担保型のリフォームローンを提供しています。これまた低金利が特徴で、住信SBIネット銀行のカードローンやSBI証券の口座を保有しているだけで、年2.0%を下回る金利での借り入れが可能になっています。住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンを利用している人はさらに0.5%優遇されますので、住宅ローン金利並みの水準でリフォームローンを単独で借り入れできてしまいます。

手数料も無料、最大で1000万円まで借り入れ可能ですので、一般的なリフォーム資金の借り入れ先の候補にあがってくることは言うまでもありません。メガバンクや地方銀行の多くが3%前後の金利でリフォームローンを提供していることを考えると、住信SBIネット銀行のMr.リフォームローンは非常に魅力的なリフォームローンであることは間違いありません。

また、金利も低く、借り入れ可能金額も500万円と一般的なリフォームの資金に充当しやすい商品性となっています。

住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.