住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.590%!じぶん銀行の住宅ローン
2016-09-12 カテゴリー: 不動産価格

日本国内の不動産投資額が前年比でプラス4%/2016年第2四半期

世界的な不動産サービス会社、JLL(ジョーンズラングラサール)の日本法人は8月3日に2016年第2四半期(4月から6月)の日本国内の商業不動産の投資額を発表しました。

これによると前年同期比4%増の8,030億円(米ドル建てでは前年同期比17%増の75億ドル)となっり、2016年上半期累計(1月から6月)の投資額は、前年同期比18%減の1兆9,000億円(米ドル建てでは前年同期比12%減の171億ドル)となったとのことです。

東京都内に限定すると投資額は68億ドルで世界5位の規模になっており、2015年の世界3位より順位を落としています。

取引内容としては不動産投資信託のJ-REITが44%を占めており、日銀のマイナス金利政策で導入により資金調達がしやすくなったことがこうした投資を支えてるようです。

マンションを中心に住宅市場の変調が顕著ですが、今回の統計を見る限り、商業不動産はまだ好調を維持しているようです。

同社では2016年通年での不動産投資額は5%減の3.9兆円程度と予想しているとのことです。

日銀による大規模な金融緩和の追加が発表されれば、投資額にも影響をしそうですね。

 

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.