住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.590%!じぶん銀行の住宅ローン
2015-07-28 カテゴリー: 住宅ローン全般

2015年8月のフラット35の金利動向

 

2015年8月も目の前になり全国で猛暑が続いています。この時期は9月に住宅の購入を控えている人度、過去に9月に住宅を購入して現在住宅ローンの借り換えを検討している人が多くいらっしゃる時期で、多くの方が住宅ローンの金利に興味をお持ちの状況かと思います。

また、フラット35は金利を固定できる住宅ローンとして、人気を盛り返している注目の住宅ローンです。そのフラット35の金利動向を予測するうえで参考となる、住宅金融支援機構が発行する住宅金融支援機構債券の条件が確定しました。さっそく発表されたばかりの「貸付債権担保第99回住宅金融支援機構債券」の発行条件を確認してみましょう。

 

今回の条件は0.880%となっています。前回(第98回)の利率は0.900%でしたので、0.020%低下している事がわかります。

 毎月予想していますが、同債券の利率は、フラット35の金利を予想するうえでの参考指標の1つです。

 

それでは、さっそく2015年8月のフラット35の金利を予想してみましょう。

以下のように低下が予想されますね。

 

2015年4月

5月

6月

 7月

 8月

 同債券利率

(参考指標)

年0.81%

(第95回利率)

年0.74%

(第96回)

年0.83%

(第97回)

 年0.900%

(第98回)

 年0.880%

(第99回)

 フラット35(35年まで)最低金利 年1.54% 年1.46%

年1.54% 

 年1.61%

 年1.58%

(予想)

 フラット35(20年まで)最低金利 年1.31% 年1.23%

年1.31%

 年1.38%

 1.35%

(予想)

 

フラット35は全期間の住宅ローン金利を固定できる非常に安心感の高い住宅ローンです。また、審査が民間金融機関の基準と異なり審査に通りやすいといわれています。民間金融機関だけでなくフラット35も申込みをしておくことで、最終的な選択の幅が広がる可能性が高まりますので、一度、申し込んでみてはいかがでしょうか?

<当サイトおすすめのフラット35取扱金融機関公式サイト>

楽天銀行公式サイト・・・フラット35最低水準の金利&手数料。さらに楽天ポイントも!

ARUHI(旧SBIモーゲージ公式サ)イト・・・フラット35取扱金額No1。充実した店舗で相談可能

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

フラット35への借り換えを比較。借り換え軽減効果は?

人気の固定金利タイプの住宅ローンを徹底比較

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・イオン銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.