住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.590%!じぶん銀行の住宅ローン
2016-08-30 カテゴリー: 住宅ローン全般

三菱東京UFJ銀行など大手銀行が2016年9月の住宅ローン金利を発表

 

三菱東京UFJ銀行などの大手銀行が8月29日に2016と年9月の住宅ローン金利を一部発表しました。


こちらの記事でも予想していたように8月に入ってからの長期期金利が上昇もあり10年固定金利の金利は5カ月ぶりの引き上げになりました。

 

それでは各銀行の9月の住宅ローン金利を確認していきましょう。まず、国内最大手の三菱東京UFJ銀行です。三菱東京UFJ銀行は10年固定金利(最優遇金利)を0.10%引き上げて年0.600%としています。8月は三菱東京UFJ銀行よりも金利が割高だったみずほ銀行の引き上げ幅は0.05%で、引き上げ、年0.700%としています。

 

2016年2月から実施されている日銀のマイナス金利政策やイギリス・中国に代表される世界各国の経済情勢不安などの影響を受けて、日本国内の金利は大幅に低下し、2016年8月は各銀行とも過去最低金利を提示する歴史に残る月でした。さすがに金利低下も一段落し9月は久しぶりの金利引き上げが行われる月になりました。

 

ただし、アメリカで開催されたシンポジウムでの日本銀行の黒田総裁は「今実施しているマイナス金利は0.1%であり、まだ引き下げ余地は残っていて、物価上昇率2%のために必要があるなら追加的な金融緩和を行う」旨をコメントしています。住宅ローン金利が継続的に上昇していく環境化ではなさそうですね。

 

なお、変動金利は各銀行とも据え置きで発表しています。2016年8月は10年固定金利が変動金利よりも低下する金利の逆転現象がおきていましたが、今回の10年固定金利の引き上げにより、その逆転現象は解消に向かいそうです。9月は再び変動金利タイプの住宅ローンに注目が集まる月になりそうですね。

 

注目の住宅ローン比較・ランキング・特集

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・じぶん銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

【最先端】がん保障・疾病保障付住宅ローンを変動金利で徹底比較

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.