住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-02-24 カテゴリー: 住宅ローン全般

マイナス金利政策導入で20年・40年の超長期金利も過去最低を更新/2016年3月の住宅ローン金利への影響は?

日銀のマイナス金利政策導入により10年を超える超長期金利も急低下しています。

現在、2月24日の取引中ですが40年国債は1.112%、20年国債は0.66%まで低下しています。

ご参考までに2016年に入ってからの金利一覧をご紹介します。

tyoutyoukikinri_201602242

出典;日本相互証券株式会社

 

ゼロ金利政策導入前の1月26日には1.295%であった40年国債の金利が2月23日には1.095%と0.2%も低下しています。

当サイトで人気の2016年3月のフラット35金利動向・予測記事でもフラット35の金利予測をしていますが、直近の超長期金利の金利動向を考えると2016年3月は20年・30年・35年といった超長期固定の住宅ローン金利も大きく下がることになりそうです。

先日、2016年3月の住宅ローン金利を発表したソニー銀行は10年を超える固定金利の下げ幅を0.1%としましたが、ソニー銀行を上回る金利下げ幅を発表する銀行が相次ぎそうです。

 

<当サイトおすすめのフラット35取扱金融機関公式サイト>

楽天銀行公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行公式サイトはこちら

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

フラット35への借り換えを比較。借り換え軽減効果は?

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・イオン銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.