イオン銀行が2017年2月10日に2017年2月の住宅ローン金利を発表しました。

10年固定金利を0.59%、変動金利を0.570%とし、いずれも据え置きとしました。

2017年2月は金利を引き上げる銀行、引き下げる銀行、据え置く銀行と方向性がバラバラとなりましたが、イオン銀行はめったに金利を変えることがありませんが、2017年2月も据え置きとなりました。

 

イオン銀行の住宅ローンの大きな特徴である「イオングループでの買い物がいつでも5%オフ」になるイオン銀行ならではサービスが好調であり、イオンが近くにある人にとって非常に魅力的なサービスです。

 

イオン銀行は2016年にワイド団信や新ガン保障特約の扱いを開始されており、住宅ローン関連の付帯サービスにも積極的に取り組んでおり、金利、保障、付帯サービスいずれの方向から見ても魅力な住宅ローンと言えます。

また、先月、日本経済新聞が発表した「第13回金融機関ランキング」ではイオン銀行が初の1位になるなどサービスレベルの高さが証明されています。

 

 

<おすすめの住宅ローン公式サイト>

イオン銀行公式サイト

auじぶん銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

ソニー銀行公式サイト

 

 <注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較