住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2019年8月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.457%
2017-01-11 カテゴリー: 住宅ローン全般

イオン銀行が2017年1月の住宅ローン金利を発表

<2017年1月11日追記>

イオン銀行が4月9日までのキャンペーン金利を開始しました。

10年固定金利を0.59%とし、結果的に昨日お知らせした0.69%への引き上げは行わない結果となりました。

1月20日にトランプ氏の次期アメリカ大統領就任が迫っていますが、アメリカ大統領選挙の後、世界的な金利上昇が続き、12月以降、多くの銀行で住宅ローン金利が引き上げられています。

こうした中での結果的な金利据え置きは貴重な機会と言えます。ぜひ、住宅ローン借り換え、借り入れの検討先としてみてはいかがでしょうか。

 

 

<2017年1月10日投稿>

イオン銀行が2017年1月の住宅ローン金利を発表しました。

イオン銀行の住宅ローンは金利変動が少ない点が特徴の1つですので、2017年1月の住宅ローン金利は据え置きになる可能性が高いと考えていましたが、10年固定金利をこれまでの0.59%から0.69%へ引き上げることを発表しました。

多くの金融機関が金利引き上げに踏み切っていますので、全体の流れを追随する形での引き上げの発表です。変動金利は引き続き、0.57%で据え置いています。

 

イオン銀行の住宅ローン金利もついに引き上げ(当サイトの調べではこの数年イオン銀行が住宅ローンの金利の引き上げに踏み切ったことは無い)となりましたね。ただし、これまでほとんど行ったことのないイオン銀行の住宅ローンを選択肢の1つとして申し込んでおくことは、金利上昇の可能性があるときに有用な方法であることはまだ揺るぎがないと言えます。

 

もちろん、イオン銀行の住宅ローンの大きな特徴である”イオンなどでの買い物がいつでも5%オフになるイオン銀行ならではサービス”は健在。イオンが近くにある人にとって非常に魅力的なサービスです。

 

<おすすめの住宅ローン公式サイト>

イオン銀行公式サイト

じぶん銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

ソニー銀行公式サイト

 

 <注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2019 住宅ローン比較. All rights reserved.