住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-09-20 カテゴリー: 住宅ローン全般

【延長】じぶん銀行、今なら!現金2万円キャッシュバック キャンペーン中/2016年10月31日まで

三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資しているインターネット専業銀行「じぶん銀行」が住宅ローンに非常に力を入れています。

 

現在、じぶん銀行で提供している住宅ローンは2015年12月から提供が開始されている非常に新しい住宅ローンです。つまり、最先端の住宅ローンと言えますね。変動金利を中心に業界最低水準の低金利を提示していることはもちろん、ガンと”診断されるだけ”で住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」を提供しており、独自の商品性で今やネット住宅ローン業界の台風の目の1つと言えるほど人気を集めています。

 

変動金利は2016年9月の金利で新規借り入れ・借り換え問わず0.497%の超低金利を提示しています。その他にも多くの特徴を備えており、低金利以外の魅力を兼ね備えています。詳しくは、こちらのじぶん銀行の魅力・メリットも参考にしてみてください。 

 

そのじぶん銀行が2016年8月よりさらに住宅ローンの借り換えを対象としたキャンペーンを開始していましたが、このたび1ヶ月の期間延長が決まっています。

改めて、キャンペーンの内容を確認しておきましょう。このキャンペーンの条件は、借り入れ金額が1000万円以上で10月31日までに他行から住宅ローン借り入れを行った方に一律で2万円をキャッシュバックする非常にシンプルなキャンペーン内容になっています。

キャッシュバックは、8月1日(月)~9月30日(金)に借り換えしたユーザーには2016年10月末日予定、10月1日(土)~10月31日(月)に借り換えしたユーザーには2016年11月末日予定でじぶん銀行の普通口座に振り込みがされます。

banner_cp_02

 

 

10月末までの借り換えを完了することが条件のキャンペーンですので、借り換えを検討している人はせっかくの2万円のチャンスを逃さないように1日でも早く申込みを行っておくことが重要ですね。なお、住宅ローン借り換え手続きを完了するには一定の時間がかかります。インターネット経由の住宅ローン申込みの場合、一般的に申込みから融資実行まで3週間~4週間はかかると考えておくべきです。

 

更に、今、住宅ローンの借り換え業界は非常に活況です。2016年2月から実行されている日銀によるマイナス金利政策導入の影響で住宅ローン業界全般的な金利低下したため借り換えを行う人が急激に増加しているのがその理由ですが、各金融機関に申込みが殺到した結果、普段より住宅ローン審査に更に長い時間が必要となっていると言われています。(この様子は日経新聞でも紹介されていますね。http://www.nikkei.com/article/DGXMZO06351190S6A820C1000000/

 

じぶん銀行の住宅ローンは、インターネット経由の住宅ローンの申し込みの弱点とも言える”手続きにかかる時間”についても最新の技術で大きく改善しています。

jibun_2016082301jibun_2016082302

 

 

じぶん銀行の住宅ローンは、上記の通り、紙を使った契約書は不要、捺印も不要、書類は写真を作成しネットでアップロードするだけ。この”ネット完結”の住宅ローンで郵送のやり取りにかかる時間を大幅に短縮しています。10月31日の融資実行まで今から申し込んでも十分間に合いますね!この機会ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

 

じぶん銀行の詳細はコチラ

じぶん銀行の審査申し込みはコチラ

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.