住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-05-31 カテゴリー: 住宅ローン全般

【速報】りそな借り換えローン・10年固定金利0.50%に再び引き下げ!<2016年6月>

りそな銀行が2016年6月に10年固定金利タイプの住宅ローン金利を0.05%引き下げることを発表しました!これにより、2016年6月のりそな借り換えローン(WEB申込み限定)の金利は0.50%となり再び過去最低金利に並びました!

 

大手銀行でありながら、ネット銀行以上の低金利を積極的に展開しているりそな銀行。6月の金利引き下げで住宅ローンの借り換え&WEB申込み限定プランで更に人気を集めることは間違いありません。

りそな銀行の「りそな借り換えローン(Web申込限定プラン)」は2016年6月に住宅ローンの借り換えを検討している人にとって最有力の借り換え先の1つになることは間違いありません。

 

りそな銀行はご存知の通り、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3大メガバンクに次ぐ、日本を代表する大手銀行の1つです。首都圏を中心に日本全国に幅広い店舗網を展開していますので、りそな銀行の存在を知らない人は少ないでしょう。

 

もともと、りそな銀行は個人向けの銀行業務に力を入れており、住宅ローンについても高い商品性と低い金利で人気を集めていました。そんなりそな銀行が、急速にシェアを拡大しているインターネット専業銀行の住宅ローンに対抗する形で2015年に提供を開始したのがりそな借り換え住宅ローン(Web申込限定プラン)です。

 

詳しくはこちらのページでも紹介していますが、なんと言っても特徴は金利の低さです。変動金利・10年固定金利という人気の高い住宅ローンの金利が驚異的な低金利です。また、商品性も一般的な住宅ローンやりそな銀行の店舗で取り扱っている住宅ローンとも異なります。例えば、保証料無料などですね。一般的なメガバンクの住宅ローンの場合、金利換算で年0.2%程度の保証料がかかりますが、こちらのプランの場合は住宅ローンの保証料がかかりません。(りそな銀行が負担します)。そのかわりに借入金額の2.16%の事務手数料が必要になるという商品性で、ネット専業銀行住信SBIネット銀行やソニー銀行の変動セレクト住宅ローン、イオン銀行の住宅ローン(定率型)と同様の商品性になりますので、ネット銀行を意識している点が商品性の観点からも確認できます。

 

そのほかのサービス内容を以下に列挙しますが非常に魅力的ですね。

・保証料(ユーザ負担分)無料

・繰り上げ返済手数料

・団信革命に対応できる安心感

・さらに10,000ポイント(りそなクラブポイント)プレゼント

 

details

 

日本を代表する大手銀行であり、安心の店舗網。それにインターネットを活用した利便性・低金利。今、住宅ローンの借り換えを考えている人にとって、りそな銀行のWEB申込み限定、借り換えプランは選択肢からはずすわけにはいかないでしょう。

 

りそな銀行の住宅ローン(WEB申込み限定・借り換えプラン)の詳細はこちらから

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.