住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.590%!じぶん銀行の住宅ローン
2016-03-16 カテゴリー: 住宅ローン全般

【低金利住宅ローン筆頭】年0.499%!ソニー銀行の変動セレクト住宅ローン/2016年4月適用金利から主要銀行初の0.5%割れ

ソニー銀行の変動セレクト住宅ローンの変動金利はインターネットにおける住宅ローンマーケットを牽引する高い人気を誇っている住宅ローンです。

2016年3月に住信SBIネット銀行が変動金利を0.568%まで、2016年2月にはじぶん銀行が変動金利0.568%と変動金利を引き下げています。

こうした中でソニー銀行が2016年3月16日に4月の住宅ローン金利を発表し、変動金利を0.499%としました。

これまではかなりの低金利で人気を集めていたと推測されるソニー銀行の住宅ローンですが、競合他行の金利引き下げにより、競争力が多少低下し人気を奪われていましたが、今回の0.5%を切る変動金利で一気に守勢逆転となる可能性もありそうですね。

 

ソニー銀行の変動セレクト住宅ローンの特徴は?

もちろん低金利が一番の特徴です。前述の通り住信SBIネット銀行やじぶん銀行がソニー銀行よりも低金利を提示しているのは事実ですが、ソニー銀行の変動セレクト住宅ローンにはもう1段低い金利で借り入れを行う方法があります。裏技でもなんでもありません、自己資金を10%用意することで、さらに0.005%金利が引き下がります

年0.519%。これは住信SBIネット銀行やじぶん銀行の住宅ローンよりも低く、当サイトで紹介している住宅ローンにおいて、もっとも低い変動金利の住宅ローン金利を提示しているイオン銀行よりも低い金利です。

 

ソニー銀行の変動セレクト住宅ローンのメリットは?

 

低金利以外にもメリットは多くあります。特に独自性の高いサービスとしては、金利変更が自由に行えるという点です。それ以外にもソニー銀行の住宅ローンには見る奥的な0円サービスが数多く付帯しています。

sony_merit

 

実際、ソニー銀行で変動金利での新規借り入れを行っている人の大半は変動金利を選んでいるようです。頭金10%を準備できる方はソニー銀行の住宅ローンにまずは申し込んでみると良いですね。0.519%の魅力を十分に感じとることができるでしょう。

 

ソニー銀行の住宅ローンについて詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.