住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2015-08-06 カテゴリー: 住宅ローン全般

【コラム】女性向けの住宅ローンに新サービスも登場。

最近、女性向けに住宅ローンを提供する金融機関が増えています。りそな銀行の提供する「凛next」は代表的な商品で、住宅ローン金利をこの商品専用とし、ローン返済のサポートサービスが付帯しています。

 

これは、女性の社会進出の促進、女性の生活スタイルの変化(単身率の上昇)に伴って、女性がマイホームを購入するケースが非常に高い水準にあるためです。女性特有の購入ニーズもありますが、基本的には男性や夫婦での購入と同じように老後の住まいを確保しておきたい、という考えを持っている人が多いようです。

 

一方で、独身女性単独での住宅ローンの借り入れはハードルが高い(男性に比べて住宅ローンの審査が通りにくい)と言われます。女性だから審査に落とされる、という事は今の日本ではほとんど考えられませんので、なぜそのようなことが言われるのか考えてみたいと思います。まず、残念ながら解消の方向に進んでいますが、平均的にはまだ収入(給与)面で違いがあります。加えて、女性の昇格率はまだまだ男性と比べて低く、女性の方は契約、派遣という形態で勤務している率が高いことが大きな理由と考えられます。

 

では、なぜ金融機関は女性向けの住宅ローンに力を入れるかと言うと、まずはその堅実さが挙げられます。貯蓄率は女性の方が男性よりも高いという調査結果がよくでており、住宅ローンにおける初期費用、保証料・事務手数料・頭金をしっかりと準備できるのも女性の特徴にあげられるためでしょう。頭金をより多く準備できれば、総返済額を抑えることができると共に住宅ローンを貸し出す側も返済延滞などのリスクが減ることになります。

 

フラット35の最大手金融機関の1つであるアルヒ(旧SBIモーゲージ)も今年8月3日から新しく女性向けサービスの提供を開始しました。「ARUHI With Woman(アルヒ ウイズ ウーマン)」と呼ばれるサービスで特別に女性のためのコンシェルジュデスクで専門家が親身になって相談にのってくれるサービスとの事です。

 

フラット35は住宅ローンの借入期間を通じて金利を固定できる住宅ローンの代表格です。金利がどうなるかわからない、というリスクがないため、堅実な女性に非常に向いている住宅ローンの1つと言えます。

 

今は女性がマイホームを買う時代であり、個人のレベルで見れば、女性だから住宅ローンが組めないという事はまずありません。迷っている女性の方も、ご自身にあった住宅ローン探しをしてみてはいかがでしょうか?

 

<当サイトおすすめの住宅ローン公式サイト>

りそな銀行公式サイト・・・女性専用住宅ローンからWEB専用借り換えローンまで幅広いサービスを提供

アルヒ(旧SBIモーゲージ)公式サイト・・・フラット35最大手。女性向けサポートも充実

 

みずほ銀行公式サイト・・・メガバンク初のネット専用住宅ローンを提供

ソニー銀行公式サイト ・・・業界最低水準の変動金利、固定金利。オリコン顧客満足度No1

住信SBIネット銀行公式サイト・・・八疾病保障も付帯する超低金利住宅ローン

イオン銀行公式サイト・・・変動金利を業界最低水準。イオンでの買い物が5%OFFになるサービスも

楽天銀行公式サイト・・・フラット35を考えるならここ。最低水準の金利&手数料。楽天ポイントも!

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.