住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2015-11-18 カテゴリー: 不動産価格

2015年10月の首都圏マンション発売動向 2ヶ月連続の減少

10月15日に不動産経済研究所が発表した2015年97月のマンション市場動向調査によると首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比27.2%減の2921戸と2カ月連続の減少となりました。

契約戸数は2,010戸、月間契約率は好調ラインの70%を下回る68.8%。(前年比で同率・前年同月比5.5%アップ)

一方、1戸当たりの平均販売価格は5,364万円(前年同月比17.6%増)。1平方メートル当たり単価は75.9万円(同19.0%増)でした。

 

なお、10月末時点での在庫は5,019戸。

 

賃金の伸び悩みが叫ばれる中で高騰する住宅価格と合わせ、横浜の杭打ち不正問題で新築マンションのモデルルームのオフ門者が減るなど、購入権当社の動きが鈍くなる傾向も影響している模様です。

今後の価格動向は注視しながらマイホーム購入時期を見極めましょう。

 

 

 

<おすすめの住宅ローン公式サイト>

ソニー銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

イオン銀行公式サイト

りそな銀行の公式サイト

楽天銀行の公式サイト

みずほ銀行の公式サイト

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.