住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年10月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.590%!じぶん銀行の住宅ローン
2016-09-26 カテゴリー: 不動産価格

中古マンション 成約件数が前年対比で再び減少へ/2016年8月首都圏中古マンション動向

公益財団法人、東日本不動産流通機構(東日本レインズ)が2016年9月12日に2016年8月度の中古住宅に関する不動産流通市場の動向発表を行いました。

これによると、8月度の中古マンションは

◆成約件数・・・2,384件で前年同月比で-1.3%、前月比-25.3%

◆成約平米単価・・・47.69万円で前年同月比で+6.4%、前月比0.8%

◆新規登録件数・・・14,663件で前年同月比で4.9%増、前月比9.3%減

◆在庫件数・・・42,278件で前年同月比17.3%増、前月比1.5%増

となり、成約件数で前年はマイナスとなりました。平米単価で44カ月連続で前年同月比を引き続き上回る好調な数字になっています。

在庫件数が大きく伸びており、販売不調を示すものなのか、9月以降の数字に注目したいと思います。

しかしながら、9月14日に東京カンテイが発表した2016年8月のマンション市場動向調査によると首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比24.7%減となってるのに比較すると中古マンションの成約件数は大きく減少するまでには至っていないため。新築マンションの高騰により中古マンションをマイホームの選択肢として考えている方が増えているのかもしれません。

 

同機構は宅建業者間で広く物件情報の交換を行い、不動産取引の迅速化を目的としており、国土交通省に公益法人の指定をされ、6万6千事業所の不動産情報を共有し不動産取引をサポートしています。

なお、専属専任媒介物件と専任媒介物件については、同機構をはじめとする指定流通機構への登録が義務づけられており指標としての信頼性は極めて高いです。

 

不動産価格が上昇している中だからこそ、住宅ローン金利だけはしっかりとして住宅ローン比較を行い、ご自身にあったサービスを見つけたいところですね。

 

<おすすめの住宅ローン公式サイト>

じぶん銀行の公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

りそな銀行の公式サイト

楽天銀行の公式サイト

イオン銀行の公式サイト

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.